つるべすし 弥助(下市町)

d0049152_23551980.jpg天然鮎のお料理を食べに出かけました。
←ベンガラの赤壁が目立つ建物は老舗の風格を感じさせます。
ここは、歌舞伎「義経千本桜」三段目「すし屋」の舞台となった事でも有名です。

天然鮎懐石を予約。
前菜:蕨餅とじゅんさいの酢の物、とこぶし、スカンポ(イタドリ)のお料理。d0049152_23554095.jpg







刺身(天然鮎の刺身は8月まで。)       鮎の塩焼き(さすがに美味しい!!!)d0049152_064072.jpgd0049152_065186.jpg









d0049152_018268.jpg揚げ鮎の甘酢あんかけ
↓      小鉢物:里芋の田楽、卵焼き→d0049152_0141111.jpg







鮎鮨、吸物、フルーツd0049152_022228.jpgd0049152_0222131.jpg








d0049152_0265313.jpgd0049152_027439.jpg















d0049152_027574.jpgお食事を頂いた部屋からは、崖にしつらえた山庭を眺めることができました。
(右上)建物の中、廊下です。

お店の方には、「義経千本桜」のお話、お庭の塚の事、お料理について等、色々お話して頂きました。
吉野郡下市町下市533   詳しくはこちら
[PR]
by nori_bura | 2007-09-18 00:40 |       (他の地区)
<< 鶴萬々堂の桜鮎(下市町) 櫻井寺周辺(五條市) >>