カテゴリ:関西ぶらり(滋賀)( 37 )

お食事処 蕪(かぶら)(マキノ町)

d0049152_91301.jpgJRマキノ駅前の食堂にて。

和風ラーメン。

和風で食べやすい味付けでした。
お値段もお手頃でした。
(500円台)
[PR]
by nori_bura | 2015-04-30 13:00 | 関西ぶらり(滋賀)

海津大崎の桜並木(高島市)

d0049152_8443719.jpg「日本のさくら名所100選」に選ばれています。

樹齢70年を越える老桜から次世代へ引き継ぐ若木まで約800本のソメイヨシノがびわ湖岸約4kmにわたり桜のトンネルをつくります。


そのうちの大崎並木口~大崎寺まで(約2km/30分)湖岸遊歩道を歩きました。
d0049152_8462718.jpg
d0049152_848277.jpg
義経の隠れ岩
湖岸にある高さ1.7m幅2m四方くらいの岩。
義経が兄の頼朝に追われる身となり奥州平泉に逃れる時、この土地を通りかかったといわれています。義経がこの岩に隠れたかどうかはわかりませんが、海津付近に上陸し一時身を隠して北国へ逃れていったことは謡曲「安宅」の一節に謡われています。
d0049152_12594451.jpg
カヌーとお花見船で湖上も賑わっていました。遠くには白い帆のヨットが進み、北東の山には残雪が見え、いい景色です。とてもいいお天気の日でしたが、まだ風が冷たく、清々しいハイキング日和でした。
d0049152_853239.jpg
大崎寺でUターン。大崎並木口まで歩き、シャトルバスに乗ってJRマキノ駅に戻りました。
[PR]
by nori_bura | 2015-04-28 10:20 | 関西ぶらり(滋賀)

桜咲く海津大崎へ(高島市)

4/12、晴。海津大崎の桜満開。湖西地区は全体に見頃をむかえていました。
JRマキノ駅から海津大崎までシャトルバスが出ていますが、9時半頃は既に行列ができていたので、徒歩で移動しました。
JRマキノ駅~サニービーチ(湖のテラス)~大崎並木口(約2km/30分)
午前中、こっち向きは逆光で折角の景色がちょっと残念です。水上から桜を楽しむ人も少なくなかった。暫くビーチ沿いを歩きました。
d0049152_0112068.jpg
少しずつ景色が変わります。
d0049152_0114284.jpg
海津浜の石積み
海津は西近江路と湖上交通の要衝として栄えた宿場町であり港町です。
湖岸には、風や波から家を守るために延々と続く石積みが残されており、独特の風景を形成しています。
この石積みは、江戸時代に、この地の代官の西与一左ェ門(にしよいちざえもん)によって作られた古いもので、まるで城壁を思わせる立派なものです。宿場町、港町として栄えた時代を偲ばせるひなびた風景を形成しています。車道沿いにもありました。
d0049152_012643.jpg
d0049152_012324.jpg
桜で隠れていますが、重要文化的景観に選定されている水辺景観があります。
d0049152_0125348.jpg

[PR]
by nori_bura | 2015-04-27 09:45 | 関西ぶらり(滋賀)

近江舞子にて(大津市)

4月12日、近江舞子にて。びわ湖沿いの池?で早朝から釣りをされている人が数人。池の周辺には桜が咲き、西側には比良山がそびえます。一期一会の風景。
d0049152_1056462.jpg

[PR]
by nori_bura | 2015-04-25 08:40 | 関西ぶらり(滋賀)

三井寺(園城寺)の桜④(大津市)

d0049152_16201832.jpg



微妙寺
湖国十一面観音
第一番札所





d0049152_16205796.jpg毘沙門堂
重要文化財 
江戸時代
(元和二年1616)
正面一間 
側面二間 一重 宝形造 桧皮葺
もともと園城寺五別所のひとつ尾蔵寺の南勝坊境内に元和二年(1616) に建立され、明治以降に三尾社の下に移築、戦後d0049152_16211889.jpgの修理に際して現在地に移築。




観音堂へは石段を上がります。
旗がたくさん立ててありました。


d0049152_16213945.jpg観音堂
県指定文化財 
江戸時代
(元禄二年1689)
西国三十三箇所観音霊場の
第十四番礼所。
本尊は如意輪観音。
展望台に上がると、伽藍全景と琵琶湖を見渡せる良い景色があります。
d0049152_16223657.jpg


More
[PR]
by nori_bura | 2015-04-23 15:20 | 関西ぶらり(滋賀)

三井寺(園城寺)の桜③(大津市)

d0049152_10353490.jpg三重塔
重要文化財 
室町時代
三間三重塔婆 
本瓦葺

慶長二年(1597)、豊臣秀吉によって伏見城に移築された大和の比蘇寺の塔を 慶長五年に徳川家康が三井寺に寄進したもの。

一層目の須弥壇には、木造・釈迦三尊像が安置されている。 軒深く、三重の釣合よく、相輪の水煙などに中世仏塔の風格をよく伝えている。
d0049152_15365666.jpg
唐院潅頂堂
重要文化財 
桃山時代
五面五間 
側面五間 一重 入母屋造 桧皮葺

大師堂の拝殿としての役割の堂です。


d0049152_15404971.jpg






唐院を出て石段を下ると、石塔が並び、桜に包まれて、良い風情です。







金堂に続く参道が開けています。
この辺りも桜が綺麗でした。
d0049152_15494524.jpg
d0049152_15542993.jpg









村雲橋にも
伝説があります。











d0049152_1615455.jpg
ここにもゆるキャラがいた!

べんべんです。
三井寺の広報僧。
弁慶の引きずり鐘と千団子祭りの亀をモチーフにしたキャラクターです。
特技は、ほら貝を吹くことです。

ほら貝を吹いてくれて、いい音が出ていました。
[PR]
by nori_bura | 2015-04-22 15:00 | 関西ぶらり(滋賀)

三井寺(園城寺)にて(大津市)

閼伽井屋、三井の霊泉(閼伽井屋内部) 重要文化財 
桃山時代(慶長五年1600) 正面三間 側面二間 一重 向唐破風造 桧皮葺
内部には井泉が湧き、天智・天武・持統天皇の 産湯に使われたことが三井寺の名前の由来になっています。中を覗くと、ポコポコと水の湧く音が聞こえました。
d0049152_10274519.jpg
閼伽井屋の正面上部に見られる龍の彫刻は、江戸初期の彫刻職人、左甚五郎作です。昔、この龍が夜な夜なびわ湖に出て暴れたため、困った甚五郎が自ら龍の目玉に五寸釘を打ち込み静めたと伝えられています。
d0049152_10281344.jpg
d0049152_1028452.jpg

閼伽井石庭

日本最古の庭園です。
蓬莱山をかたどった石組。





d0049152_10291187.jpg



霊鐘堂

梵鐘(弁慶鐘)が安置されている。





d0049152_10294943.jpg
梵鐘(弁慶鐘)

・重要文化財 奈良時代
・銅鋳造 一口 総高199.0cm
・身高156.0cm 口径123.2cm

龍頭と直角で、しかも比較的高い位置に撞座がある。
外に張り出さない駒の爪。
中世の遺品が一区内四段四列を標準とする乳の数を、五段七列としている。

伝説『弁慶の引き摺り鐘 』で知られる。

d0049152_10301540.jpg
一切経蔵
重要文化財 
室町時代
正面三間 
側面三間
一重 もこし付 
宝形造 桧皮葺
もとは山口市の国清寺の経蔵で、 慶長七年(1602)に毛利輝元によって移築されたもの。
d0049152_10304034.jpg


八角輪蔵

一切経を納める回転式の蔵。
高麗版一切経が納められる。
天井から 円空仏七体が発見されています。
[PR]
by nori_bura | 2015-04-21 14:45 | 関西ぶらり(滋賀)

三井寺(園城寺)の桜②(大津市)

d0049152_23151469.jpg熊野権現

国宝  金堂
桃山時代
(慶長四年1599)
正面七間 側面七間 一重 入母屋造
向拝一間 桧皮葺
現在の金堂は、豊臣秀吉の正室北政所によって再建されたもの。
d0049152_23154222.jpg
d0049152_2316395.jpg
d0049152_23223151.jpg
d0049152_23161264.jpg鐘楼
(三井の晩鐘)

重要文化財 
桃山時代
(慶長七年1602)
正面一間 
側面二間 一重 
切妻造 桧皮葺

有名な巨大な梵鐘を吊る鐘楼です。
[PR]
by nori_bura | 2015-04-20 14:30 | 関西ぶらり(滋賀)

三井寺(園城寺)の桜(大津市)

4月4日、晴~曇。三井寺の桜満開。翌週は多忙なので、用事を終えて午後出かけました。晴れていたのに、こちらに着いた頃には曇に変わっていました。

天台寺門宗総本山である三井寺は 正式名称を長等山園城寺(ながらさんおんじょうじ)という。
672年、壬申の乱に敗れた大友皇子の皇子「大友与多王」は父の霊を弔うために 「田園城邑」を寄進して寺を創建し、 天武天皇から「園城」という勅額を賜わった。
大門(仁王門) 
重要文化財 室町時代(宝徳四年1452) 三間一戸楼門 入母屋造 桧皮葺
三井寺中院の表門で、東面して建ち、両脇の仁王像が山内を守護している。
記録によると、天台宗の古刹常楽寺(湖南市石部町)の門で、 後に秀吉によって伏見に移され、慶長六年(1601)に家康によって現在地に建てられた。
d0049152_2324635.jpg
釈迦堂(食堂)
重要文化財 室町時代 正面七間 側面四間 一重 入母屋造 桧皮葺
d0049152_233745.jpg
d0049152_2334214.jpg







金堂へ。
石段を上がります。











d0049152_234827.jpg







教待堂
教待和尚の御像を安置している。
教待和尚は智証大師入山まで当寺を護持していた老僧です。
[PR]
by nori_bura | 2015-04-19 14:00 | 関西ぶらり(滋賀)

彦根城の桜⑦ 内堀沿い

黒門橋から内堀を望む。
d0049152_1082440.jpg
内堀沿い。桜の木の下でお花見されていた。
d0049152_10145527.jpg
表門橋・二の丸佐和口多聞櫓
d0049152_11313394.jpg
d0049152_1075839.jpg

[PR]
by nori_bura | 2014-04-26 15:10 | 関西ぶらり(滋賀)