カテゴリ:旅行・鳥取県( 41 )

若桜町散策(若桜町)

d0049152_017408.jpg蔵通り
寺町沿いに白壁が連なる通りがありました。

明治18年5月、
若桜宿に大火が発生。再建の際に11条にわたる地域の取り決め(現在の都市計画大綱)が決議された。
寺を火災から守るために、ここには蔵以外を建てることを禁止。また、寺の本堂や庫裏も道路から16間(約30m)離れた所に建てなければならないと決められました。
d0049152_0493681.jpg蔵通りには現在 20の蔵があり、約300mにわたって商家の土蔵が連なっており、白壁、赤瓦、板張りどれも妻側を蔵通りに向けています。






カリヤ通り
雪深い土地柄、暮らしの知恵として、現在のアーケードともいえるカリヤ(仮屋)がところどころ残る通りです。

昔はこれが700mから800m続いていて、雪や雨の日でも傘をささずに通り抜けができました。
「若桜よいとこ雨の日も仮屋づたいに傘いらず」と歌われています。
[PR]
by nori_bura | 2013-08-21 10:50 | 旅行・鳥取県

若桜鉄道 安部駅(八頭郡八東町)

d0049152_1775223.jpg猛暑の夏は寄り道が最小限になりました。
帰り道ルート沿いのポイントから・・・。

ここは若桜鉄道・阿部駅。d0049152_1781384.jpg『映画 男はつらいよ~寅次郎の告白~』のロケ地です。(平成3年11月3日撮影)

無人の木造駅舎で、一部が美容室になっています。
ホームの待合所には、寅さんによく似た人形d0049152_17103835.jpgが置かれていました。

のんびりした風景が撮れますね。
[PR]
by nori_bura | 2013-08-20 10:15 | 旅行・鳥取県

鳥取しゃんしゃん祭り③

これは、「しゃんしゃんしゃんぐりら」という曲だったと思います。今風のモダンな曲です。
d0049152_11295413.jpg
こっちは「平成鳥取音頭」かな?振り付けが決まっていて、決めポーズで止まられる時がシャッターチャンスでした。
d0049152_1130192.jpg
d0049152_11304315.jpg
d0049152_11311574.jpg
d0049152_11314949.jpg
「しゃん しゃん しゃん」という歌詞と振り付けが今も記憶に残ります。
[PR]
by nori_bura | 2013-08-17 20:40 | 旅行・鳥取県

鳥取しゃんしゃん祭り②

しゃんしゃん祭の中核をなす「しゃんしゃん傘」を使った一斉踊り。しゃんしゃん祭で使われるしゃんしゃん傘は元になった鳥取県東部の伝統芸能「因幡の傘踊り」の傘を一回り小さくして誰でも踊れるようにしたもので、竹で組まれた骨組みに和紙を張って赤・青で塗り金銀の短冊で飾られます。骨の中ほどには鈴が取り付けられ、踊りの要所でしゃんしゃんと鈴の音が響きます。
d0049152_924878.jpg
祭りのシンボルのしゃんしゃん大傘(雄傘・雌傘)。
d0049152_934391.jpg

[PR]
by nori_bura | 2013-08-16 20:20 | 旅行・鳥取県

鳥取しゃんしゃん祭り2013

鳥取しゃんしゃん祭りのポスターを何処かで見て、傘がザーッと並ぶシーンが綺麗で、「見てみたいな」~と記憶に残っていました。
d0049152_14372949.jpg
d0049152_14385180.jpg
d0049152_14393090.jpg
d0049152_14401030.jpg
8月14日、「一斉踊り」は確か16時頃から開始。明るい時間は暑いので、夕食後日が沈んでから見物に出ました。暗くなった分、写真を撮るのは難しくなりました。
[PR]
by nori_bura | 2013-08-15 19:25 | 旅行・鳥取県

用瀬のひな祭りの日(鳥取市)

和装の幼子が流し雛をする風景が皆を虜にしました。付き添いの大人も和装でいてほしい。実際は、慣れない草履を履き、足元は石がボコボコ、グラングランして、着物のたもとが邪魔になるし、幼子は大変な様子です。(4月12日)
d0049152_22485928.jpg
d0049152_22495499.jpg


More
[PR]
by nori_bura | 2013-05-04 13:15 | 旅行・鳥取県

用瀬のひな祭り・町なかのひな飾り③(鳥取市)

お雛様part3。この土人形のようなお雛様、渋かった。大昔の押絵タイプの物も渋い。
d0049152_2223595.jpg
d0049152_2224865.jpg
d0049152_22262116.jpg


More
[PR]
by nori_bura | 2013-05-03 12:55 | 旅行・鳥取県

用瀬のひな祭り・町なかのひな飾り②(鳥取市)

町内の他の家庭でも雛飾りを公開されていました。
用瀬町内にも古い町家が残り、古いお雛様~新しいお雛様が見られました。
d0049152_21484656.jpg
d0049152_21491719.jpg
d0049152_21502624.jpg
d0049152_22152439.jpg
d0049152_22155246.jpg
民家の縁側にもお雛飾り。

町の飾りもJRの駅もひな祭りでした。

(4月12日)
[PR]
by nori_bura | 2013-05-02 12:20 | 旅行・鳥取県

用瀬のひな祭り・雛荒らし(鳥取市)

ひな祭りにまつわる風習に「雛荒らし(ひなあらし)」があるそうです。
これは、子供たちがお互いの家をまわり、ひな壇に供えられたお菓子やご馳走を食べるといういたって愛らしいもの。供えたものを黙って取って食べることが公認されていたところから出た名称と考えられており、中国・四国地方の言葉ですが、和歌山県でも使われているところがあるようです。また初雛の時にお菓子をふるまうことを「ひなあらし」というところもあります。

用瀬町内の旧家では、ひな飾りを公開され、訪れた人々に、お茶や甘酒・お菓子・「おいり」がふるまわれ、お雛様の説明もして下さいました。
A家では、江戸時代から江戸末期・明治・大正・昭和のお雛様が飾られ、それぞれの違いと特徴を教えて頂きました。
d0049152_14352595.jpg
T家で特に印象深った、安政6年の額縁に入った押絵のお雛様。
d0049152_1458957.jpg
他、公民館でひな荒らし風景が見学できました。
[PR]
by nori_bura | 2013-05-01 12:10 | 旅行・鳥取県

用瀬のひな祭り・町なかのひな飾り(鳥取市)

町なかを流れる瀬戸川(せどがわ)沿いに飾られたお雛さまにとても風情を感じました。
三人官女とお囃子が桶の中に。
d0049152_13144821.jpg
このエリアは、住宅の裏手にあたるようで、蔵が並び勝手口があり、川の水を使うための石段がありました。そこにお雛様のディスプレイはとてもいいですね!用瀬の個性が活かせていると思います。

More
[PR]
by nori_bura | 2013-04-30 12:10 | 旅行・鳥取県