カテゴリ:京の歳時記( 13 )

ロームのイルミネーション②

名倉公園にて  夜の公園が明るいので、子供達が楽しそうに遊んでいました。
d0049152_1721769.jpg
d0049152_17213716.jpg
d0049152_17215764.jpg
ローム前
d0049152_1722137.jpg

[PR]
by nori_bura | 2008-12-11 17:20 | 京の歳時記

ロームのイルミネーション

d0049152_1783892.jpg
d0049152_1793774.jpg
d0049152_1710582.jpg3年ぶりに訪れました。
キラキラ輝く豪華な街路樹のイルミネーションです。

合計72本のケヤキやヤマモモの木に60万個の電球が飾られています。
これは、京都エコポイントモデル事業を利用した環境に優しい電力使用されているそうです。
とても明るかったです。

五条通りから入り進みました。

12月25日まで点灯されています。
点灯時間/16:45~22:30
[PR]
by nori_bura | 2008-12-10 23:07 | 京の歳時記

祇園祭り・巡行の後

巡行を終えて山鉾町に戻られたら、すぐに片付けが始まります。
京の街に疫病をもたらす悪霊たちは、こうして飾りたてた山鉾に呼び集められ、山鉾の解体と共に消え去っていくのだそうです。
d0049152_14573697.jpg
d0049152_14575785.jpg

[PR]
by nori_bura | 2008-07-22 00:30 | 京の歳時記

祇園祭り・山鉾巡行・新町通りにて②

舞妓さん達も巡行見物されていました。
d0049152_14541115.jpg
d0049152_14543788.jpg

[PR]
by nori_bura | 2008-07-21 00:10 | 京の歳時記

祇園祭り・山鉾巡行・新町通りにて

新町通の巡行は、山鉾の迫力を最も近くで感じられます。
道幅が狭く、少しでもそれると、町家の屋根や電線にぶつかってしまうほど。
屋根の上からは、細心の注意を払って大工方が舵取りの指示を出されます。
山鉾が近づいてくる様子をハラハラしながら見守り、至近距離で観賞できました。

長刀鉾は彼方へ。鉾建町へ帰られます。
d0049152_14442175.jpg
今回何度もご縁のあった函谷鉾。だんだん近づいてきて、やがて目の前を通過。迫力!
d0049152_14452145.jpg
d0049152_1445516.jpg
d0049152_14462154.jpg
d0049152_14464956.jpg
d0049152_14471364.jpg

[PR]
by nori_bura | 2008-07-20 06:40 | 京の歳時記

祇園祭り・山鉾巡行・御池通りにて

四条傘鉾(しじょうかさほこ)
昭和60年、復元再建。古い時代の型を残す貴重な鉾で、傘の頂上の赤幣、若松飾りが特徴。16人の子供たちによる棒振り踊りと一緒に巡行されていた。
d0049152_14114596.jpg
占出山(うらでやま) 神功皇后を祀る安産の山。
くじ順によるこの山の巡行が早い年は、お産が軽いといわれる。
d0049152_14122050.jpg
d0049152_1412488.jpg
御池通の両側に、全席指定の有料観覧席(1席3,100円)が13,000名分設置されており、椅子に座って山鉾の姿をじっくり見ることができます。
御池通は道幅が広く、遠くまで見渡すことができます。

再び函谷鉾を間近で・・・
[PR]
by nori_bura | 2008-07-19 14:15 | 京の歳時記

祇園祭り・山鉾巡行②

<山2番>油天神山(あぶらてんじんやま)、<山3番>保昌山(ほうしょうやま)、<クジ取らず>函谷鉾(かんこぼこ)。
d0049152_12553070.jpg
油天神山(あぶらてんじんやま)
古く、町内の風早(かざはや)家に祀られていた天神像を勧請。ご進退は菅原道真。
保昌山(ほうしょうやま)
丹後守(たんごのかみ)平井や保昌と和泉式部の恋物語に材を得た山。
保昌が式部の求めによって紫宸殿の紅梅を手折って与え、恋を実らせたという故事による異色な山。縁結びの山。
函谷鉾(かんこぼこ)
中国戦国時代、斉(せい)の孟嘗君(もうしょうくん)が秦の国から逃げる時、函谷関(かんこくかん)の関所を鶏の声をまねて開けさせたという故事に基づいて作られた鉾。

山の方向転換は、「よいしょっ」と担いで行われていました。
d0049152_12511715.jpg
d0049152_12583198.jpg
<山4番>太子山(たいしやま)、<傘1番>四条傘鉾(しじょうかさぼこ)、<山5番>占出山(うらでやま)、<鉾1番>鶏鉾(にわとりぼこ)が続きます。
d0049152_1301781.jpg
太子山(たいしやま)
聖徳太子が杉の巨木で六角堂を作った故事に因む山。この山だけが、真木に杉を立てる。
[PR]
by nori_bura | 2008-07-18 12:38 | 京の歳時記

祇園祭り・長刀鉾巡行・辻回し

友達と祇園祭クライマックスの山鉾巡行を見に出かけました。何年ぶりかな~。
地下鉄で京都市役所前に到着。地上に出ると、丁度長刀鉾が巡行されてきて、正面に見えました。ジャストのタイミングでびっくり!「わわわわわ~」
d0049152_10145343.jpg
d0049152_9332076.jpg
そして、辻回し。
d0049152_9372013.jpg
d0049152_946529.jpg
長刀鉾(なぎなたぼこ)
元は三条小鍛冶宗近作の長刀をかざしたといわれている「くじ取らずの鉾」で、毎年巡行の先頭を行く。稚児が乗るのは、今ではこの鉾だけ。
[PR]
by nori_bura | 2008-07-17 23:19 | 京の歳時記

東寺の弘法市(京都)

d0049152_11531615.jpg毎月21日に開かれる弘法市に行ってきました。
お参りの後、市を順番に回ってウロウロと物色。掘り出せず。d0049152_11535474.jpg





古い着物と帯、古布、古道具屋さんが多いです。食べ物屋台、果物屋台もあったし、手作り雑貨、陶芸作品etc.も。
見て回るだけでも楽しいですね。
[PR]
by nori_bura | 2006-09-21 23:07 | 京の歳時記

ロームのイルミネーション(京都)

京都で用事を済ませ、ここへ寄り道。有名なイルミネーションですが初めて見ました。
d0049152_20541321.jpg
d0049152_20542894.jpg

ケヤキも枝垂れ桜もヤマモモも電飾で飾られています。詳しくはこちらをご覧下さい。
[PR]
by nori_bura | 2005-12-16 20:59 | 京の歳時記