カテゴリ:旅行・佐賀県( 10 )

萬坊の「いか重箱弁当」

d0049152_1272992.jpgいか重箱弁当
1000円

上品な甘みと柔らかさの「いかの白煮」、ジューシーな「タレ焼き」、プリプリの「イカ天」がご飯の上にのる。

d0049152_1303820.jpg他に、いかしゅうまい
茎わかめといかのマヨネーズ和えが入る。
このお弁当も美味しかった。
同じく博多シティで購入。
[PR]
by nori_bura | 2014-12-15 10:00 | 旅行・佐賀県

萬坊の「いか三昧弁当」

d0049152_1204856.jpgいか三昧弁当
1200円
【お品書き】
•いかしゅうまい(蒸し・大丸)
•いかしゅうまい(揚げ・小丸)
•いかチーズボール(揚げ)
•魚豆腐二色田楽
•いかの炊き込みご飯
•いかと昆布の呼子ふりかけ飯
•いかの有馬煮
•いかん子ウインナーのソテー
d0049152_1243910.jpg•するめいか一夜干し•紅白なます
•いか入り玉子焼き
•茎わかめといかのマヨネーズ和え
•いかげそ甘辛煮•菜花お浸し
•もみじ麩•いかの甘酢煮•いかめし
合計17品目中、14品が「いか」を使ったメニューです。
JR博多シティ店(新幹線改札近く)いっぴん通りで購入、帰宅後夕飯にしました。美味しかった。
[PR]
by nori_bura | 2014-12-14 10:00 | 旅行・佐賀県

萬坊の「いかしゅうまい」

d0049152_0434262.jpg萬坊の「いかしゅうまい」は著名なグルメもお勧めの味。確かに美味しい!
博多駅の新幹線改札口近くの売店で購入しました。
大丸1188円(小まるもあります)

身が柔らかいイカの上身のみを使用し、ふんわりとした淡雪のような食感。
いか・魚肉(たら)・卵・玉ねぎをよく練ったすり身が詰まっています。

関西では、デパ地下で取り扱いがあります。
[PR]
by nori_bura | 2014-12-13 10:00 | 旅行・佐賀県

唐津土産・松露饅頭

d0049152_1152716.jpg「松露饅頭」は城下町唐津を代表するお菓子で、上品なこしあんをカステラ生地の薄い皮でつつんだ素朴なお菓子です。
松露とは、虹の松原に毎年春になるとできるキノコの名前。ころころっとした可愛い球形で、松露饅頭はこの松露をかたちどったものです。
大原老舗の大原松露饅頭を購入。手焼きだそうです。
[PR]
by nori_bura | 2014-12-10 10:00 | 旅行・佐賀県

唐津城遠望(唐津市)

唐津くんち見物の途中、早朝の博多駅で買った駅弁を食べるのに西ノ浜に出ました。
唐津城が見えるけど上がる時間はなく、今回は遠くから眺めるだけになりました。
d0049152_9253543.jpg
西ノ浜の左手には船の形の「少年科学館」、その奥の白い鉄塔のある所は「九州電力唐津発電所」です。沖に見えるのは、鳥島・高島。
d0049152_926089.jpg
唐津城にはいつか上がってみたいな。帰りの電車から見えた唐津城も良かった・・・。
[PR]
by nori_bura | 2014-12-08 11:50 | 旅行・佐賀県

吉野ヶ里遺跡にて⑤ (神埼市・吉野ヶ里町)

d0049152_90594.jpg公園の東口側にレストランがあります。

鯛茶漬定食
1,380円

古代米の上にゴマだれと鯛を混ぜて乗せて食べ、その後お出汁を注いで食べる。


博多で食べた「うに丼」もゴマだれをかけました。
色を見ると辛そうに思いましたが、甘味もある食べやすい味でした。

こちらのレストランは、郷土色を大事されたメニュー構成で良かったです!!
[PR]
by nori_bura | 2011-07-19 08:58 | 旅行・佐賀県

吉野ヶ里遺跡にて④ (神埼市・吉野ヶ里町)

d0049152_18222831.jpg中のムラ
祭りや儀式、政事に使ういろいろなものを、神に仕える司祭者たちが作っていた場所と考えられています。
神に捧げるお酒を造ったり、蚕を飼って絹糸を紡ぎ、絹の織物を作ったり、祭りに使う道具なども作られていたと考えられています。
d0049152_192750.jpg

d0049152_1933270.jpg倉と市
海外との交易品や日本各地のクニグニの特産品などが集まり、盛大な市が開かれたり、市で取引される品々が保管されていたと考えられる倉庫群などが集まった、吉野ヶ里を支える重要な場所であると考えられています。
d0049152_194319.jpg
d0049152_1941819.jpg
吉野ヶ里遺跡は本当に広大で、たっぷり見学できました~。
[PR]
by nori_bura | 2011-07-18 08:53 | 旅行・佐賀県

吉野ヶ里遺跡にて③ (神埼市・吉野ヶ里町)

d0049152_022790.jpg北内郭の北側はお墓のエリアでした。

甕棺墓列
甕棺[かめかん]とは、北部九州に特有の棺のこと。
大型の素焼きの土器に亡くなった人の手足を折り曲げて入れ、土の中に埋める埋葬方法で、弥生時代中頃のおよそ200年の間、盛んに使われていた。
吉野ヶ里では、丘のいろいろな場所にまとまって埋葬されており、想定では15,000基を超える数が埋められていると考えられます。
丸く膨らんでいる所がお墓です。

d0049152_01545100.jpg
墳丘墓の北側には、真ん中に道(お参りするための道であるとも、左右に埋められている人々の身分の違いを表すための区別の線とも考えられている)が設けられています。
d0049152_025198.jpg立柱
祖先の霊が宿る柱と考えられており、シンボル的な役割を果たしていた。

墓道
(左手前の階段)
墳丘墓に眠る祖先の霊にお参りするために環壕の外からやってくる人々のために設けられた専用の道であると考えられている。

北墳丘墓
(奥手の台形の丘)
吉野ヶ里集落の歴代の王が埋葬されている特別なお墓と考えられている。
人工的に造られた丘で、違う種類の土を何層にも積み重ね、しっかりと突き固められて造られており、とても丈夫な構造である。
中からは14基の甕棺が見つかり、ガラス製の管玉や有柄把頭飾銅剣が一緒に収められているものもあった。
このお墓は、弥生時代の中頃、紀元前1世紀のものであるが、その後はお墓としては使われなくなり、その代わり祖先の霊が眠る場所として、人々から大切にされていた。

北墳丘墓内部
[PR]
by nori_bura | 2011-07-17 23:49 | 旅行・佐賀県

吉野ヶ里遺跡にて② (神埼市・吉野ヶ里町)

d0049152_0272136.jpg北内郭へ
(王の宮殿)
吉野ヶ里を中心とするクニ全体にとって、最も重要な場所であったと考えられています。

中をのぞくことができないよう、隙間のない板壁で復元されています。


d0049152_027589.jpg真っ直ぐ入ってこられないように入口が鍵形に折れ曲がった構造をしています。
こうした造りは古代中国の城郭都市に多く見られ、吉野ヶ里が大きな影響を受けていることを示しています。



d0049152_032258.jpg主祭殿2階
田植えや稲刈りの日取りを決めたり、季節ごとのお祭りの日を決めたり、大きな「市」を開く日取りを決めるなど、吉野ヶ里のクニ全体の重要な祀りが開かれており、吉野ヶ里の王やリーダーたち、周辺のムラムラの長が集まっています。d0049152_0325117.jpg

主祭殿3階
祖先の霊のお告げを聞く祈りを行っています。この結果は従者によって2階で会議を行っている王やリーダーたちに伝えられます。
重要な物事が話し合いでは決まらない時には、最高司祭者(祖先・神の声を聞くことができる特殊な能力を持った人)に祖先の声を聞いてもらい、その声に従って決定していったと考えられています。

リアル過ぎないお人形が配置され、実際の感じが良く分かります。
[PR]
by nori_bura | 2011-07-16 00:18 | 旅行・佐賀県

吉野ヶ里遺跡にて① (神埼市・吉野ヶ里町)

レンタカーで吉野ヶ里遺跡を目指して移動。今にも雨が落ちてきそうなどんよりしたお天気だったけど、暑さと日射しが和らいで楽でした。

吉野ヶ里遺跡のあるこの場所は、工業団地を造る計画が持ち上がり、昭和61年から本格的な文化財の発掘調査が行われました。その結果、我が国弥生時代最大規模の環壕集落であることが確認され、また魏志倭人伝に記された邪馬台国の様子を彷彿とさせる建物跡などが発見されました。
平成4年に国営吉野ヶ里歴史公園として整備することが閣議決定。
国と県が一体となった歴史公園として、平成13年4月から一部開園。
平成 21年4月1日現在では面積約73.7ha(国営公園約38.3ha 、県立公園約35.4ha)が開園しています。現在もまだ整備中のゾーンがあり、とても広大な遺跡公園です。

環濠集落ゾーンの一部を見て回りました。
逆茂木(さかもぎ)(乱杭)
米作りが盛んになるにつれて、水や土地を奪い合う争いが起こるようになりました。人々は自分達の集落を守るため、集落の入口など特に重要な区域には、とがった木の枝や幹でバリケードを築き、より厳重に守っていました。
d0049152_13194833.jpg
d0049152_13214196.jpg
南内郭へ
吉野ヶ里が最盛期を迎えた頃、吉野ヶ里の集落を始め、周りのムラムラを治めていた王やリーダー層の人々が住んでいた場所と考えられています。
物見櫓
南内郭には4棟の大きな高床建物があり、これらは環壕の張り出した部分に対応するように建てられており、兵士が南内郭への侵入者を厳重に見張っていたと考えられています。
d0049152_23393526.jpg


続き・・・
[PR]
by nori_bura | 2011-07-15 13:06 | 旅行・佐賀県