カテゴリ:奈良で寄り道(奈良市)( 46 )

雨の日の奈良公園

d0049152_1533580.jpg
d0049152_15333299.jpg
d0049152_1534367.jpg
雨の日の紅葉も美しい。






鹿さんは雨宿りでしょうか?
[PR]
by nori_bura | 2009-11-18 15:32 | 奈良で寄り道(奈良市)

中谷堂さんのお餅搗き

d0049152_0445818.jpg最近はTV出演も多い、中谷堂さんの高速餅つき。

カメラを持ち歩くようになってから、タイミングが中々合わなかったんですが、通りがかりにお餅搗きを見られました。

お餅搗きが速くて面白いし、お餅がソフトで美味しそう。
[PR]
by nori_bura | 2006-11-04 20:30 | 奈良で寄り道(奈良市)

奈良公園 メンズエリア

d0049152_1551388.jpg
鹿のサークルはオスとメスで分かれているように思います。
[PR]
by nori_bura | 2006-08-20 15:50 | 奈良で寄り道(奈良市)

護国神社で(奈良市)

d0049152_0101846.jpgd0049152_10485073.jpg








d0049152_0104591.jpg車点検の間、時間潰しが必要となり、ここまで歩きました。
境内では、3月 下旬 ~ 4月 上旬 に1,800種 23,000本の椿が花を付けるそうです。
まだ少し椿の花が咲いています。
他に八重桜と遅咲きの桜が見られました。

d0049152_10462029.jpgd0049152_1901213.jpg
[PR]
by nori_bura | 2006-04-29 19:01 | 奈良で寄り道(奈良市)

志賀直哉旧居にて(奈良市)

d0049152_8282197.jpgd0049152_8283319.jpg








d0049152_8382359.jpgd0049152_829724.jpg















d0049152_840165.jpg志賀直哉旧居は、文豪志賀直哉が奈良在住中に自ら設計したもので、小説「暗夜行路」を完結するなど文筆活動を続けた場所です。
13年間(大正14年4月から昭和13年4月)を奈良で過ごし、随筆「奈良」(志賀直哉全集7巻)の最後に、「兎に角、奈良は美しい所だ。自然が美しく、残っている建築も美しい。 そして二つが互いに溶けあっている点は他に比を見ないと云って差支えない。 今の奈良は昔の都の一部分に過ぎないが、名画の残欠が美しいように美しい。 御蓋山の紅葉は霜の降りようで毎年同じようには行かないが、よく紅葉した 年は非常に美しい。5月の藤。それから夏の雨後春日山の樹々の間から 湧く雲。これらはいつ迄も、奈良を憶う種となるだろう。」と書いています。こちらも参考にどうぞ。 
[PR]
by nori_bura | 2006-02-23 08:49 | 奈良で寄り道(奈良市)

新薬師寺で(奈良市)

d0049152_22225581.jpgd0049152_22231056.jpg















d0049152_22232995.jpg
久しぶりに晴れたので高畑町辺りに散策に出ました。
新薬師寺の境内には山茶花の木が多くあります。現在蕾もありますが、どちらかというと咲き乱れて終盤の雰囲気です。



d0049152_22245080.jpgd0049152_2225831.jpg















創建当時の天平建築様式を唯一残す本堂↑(国宝)には、薬師如来坐像(国宝)や十二神将立像(国宝)が安置されている。お寺のHPです。
[PR]
by nori_bura | 2006-02-22 22:32 | 奈良で寄り道(奈良市)

平城宮跡のさざんか(奈良市)

d0049152_2117898.jpg
d0049152_21215950.jpg
d0049152_21321994.jpg
d0049152_2122185.jpg

[PR]
by nori_bura | 2006-02-18 21:23 | 奈良で寄り道(奈良市)

元興寺小塔院跡のスイセン(奈良町)

d0049152_18514369.jpgここは、元興寺の一院で、もと南大門の西にあり、7間×4間、礼堂を付けて吉祥天女像を中心に84000の小塔を安置していたというが、1451年(宝徳3年)に起こった土一揆による大火で殆どの建物が焼失してしまった。(焼け跡に民家が進出してきて町になった。)現在あるのは江戸時代に建てられた「虚空蔵堂」1つです。昭和40年境内一円が「元興寺小塔院跡」として、文化庁の史跡指定を受けています。
木造虚空菩薩坐像(本尊)、木造不動明王立像、木造愛染明王立像、木造弁財天坐像が安置されている。

奈良オリエント館、お豆腐料理の「こんどう」の前を通り過ぎ、路地のような入り口を入ると、スイセンの花が沢山咲いているのが見えました。
 
[PR]
by nori_bura | 2006-02-09 22:29 | 奈良で寄り道(奈良市)

般若寺にて(奈良市)

d0049152_10132021.jpg
スイセンが咲いていると聞き訪れました。咲いているのは、本堂周囲の石仏の所。
境内全体のお花はまだまだでした。
[PR]
by nori_bura | 2006-01-25 10:16 | 奈良で寄り道(奈良市)

漢国(かんごう)神社のさざんか(奈良市)

奈良町からの帰り、さざんかを見に寄り道。
奈良市 漢国町 にある推古元(593)年創建の古刹です。
境内の林(りん)神社には、室町時代に中国から渡来し、饅頭の製法を伝えた林浄因が祀られている。毎年 4月 19日 11:00~ 饅頭祭 (まんじゅうさい) が行われます。

白(1本)、ピンク(1本)、赤(数本)のさざんかの花が蕾と共にたくさん咲いていました。 d0049152_1811076.jpgd0049152_18111455.jpg
[PR]
by nori_bura | 2006-01-17 18:19 | 奈良で寄り道(奈良市)