カテゴリ:旅行・香川県( 10 )

高松シンボルタワーにて(高松市)

JR高松駅の近くにある一番高いビル「高松シンボルタワー」の30Fに上がりました。
高松シンボルタワーは、2004年完成の高松市サンポートに所在する超高層ビルで、オフィス・商業施設・各種イベントホールなどが入る大規模複合施設です。
タワーの高さは最高約151.3mで、四国で最も高い建築物です。
d0049152_0482938.jpg
d0049152_0484431.jpg
マリタイムプラザタワー棟の最上階の29・30Fには、『料理の鉄人』の石鍋 裕氏、陳 建一氏、また奥 勝美氏によってプロデュースされたレストランがあります。
レストランには入らず、エレベーターホールから西側の景色を眺めました。
[PR]
by nori_bura | 2014-10-18 10:25 | 旅行・香川県

手打十段 うどんバカ一代(高松市)

d0049152_8525987.jpgガイドブック等で祝日も朝食営業されているお店を探し、このお店にたどり着いた。

釜玉うどん(温)小。
茹でたて熱々に卵を絡めてズルズル。おいしい~。
コシがあり、モッチリ。
d0049152_8533293.jpgここは釜バターの元祖のお店らしい。
釜バターを食べている人が多かった。次回は是非食べたいです。

祝日の朝9時半、お店の前には小さい列ができていた。グループと家族連れが多い。
回転が早く、待てました。
店内に入ったら注文する列。注文し終わってから席をとる。満席であっても、順次空いていくのでなんとかなります。
うどんが出来上がったら呼ばれて取りに行きます。自分の順番に不安を感じたけど、お店の女性がちゃんと覚えておられて、プロだな~と思ったのでした。
お店へは、カーナビでスムーズに到着。お店の周辺に借り上げの小規模な駐車場が何箇所もありました。
[PR]
by nori_bura | 2014-10-17 10:00 | 旅行・香川県

三友堂の 木守(きまもり)(高松市)

d0049152_8464411.jpg高松のお菓子の代表です。

自家製柿ジャム入羊羹を麩焼き煎餅ではさみ、讃岐特産の和三盆糖を配したお菓子。

想像よりは軽くてさっくりとした煎餅で、柿餡はねっとりとした上品な甘さです。
1個140円。
[PR]
by nori_bura | 2014-10-16 10:00 | 旅行・香川県

寿司中川(高松市)

d0049152_8403822.jpg高松で美味しいお寿司を頂いた。
玉ねぎと渡り蟹の身を和えた物からスタート。
何を食べても美味しかった。
印象に残った物は、生のノドグロの焼き物・焼いたカマスの握り・由良ウニ。
おすすめの日本酒と共に沢山食べて、記憶に留まらず。
また行きたいです。
[PR]
by nori_bura | 2014-10-15 19:20 | 旅行・香川県

史跡 高松城跡④・天守台から(高松市)

天守台に上がりました。西側には、琴電高松築港駅のホームがある。内堀・鞘橋。
d0049152_914363.jpg
北側。左から二の丸・水門・三の丸。海が見えます。
d0049152_915815.jpg
d0049152_8301379.jpg北東に月見櫓の屋根が少し見える。

東に披雲閣。後の建物は、アルファあなぶきホール。

d0049152_924133.jpg明治17年に老朽化を理由に解体された天守の1階部分にあたる穴蔵が検出された。
『田』の字形に並んだ58個の礎石が、ほぼ当時のまま現われた。
床面からは4本の柱跡の穴が見つかった。
柱の一部を直接土に埋めこんでいた構造は、高松城天守が他に例を見ない特徴的な工法を採用していた可能性があります。
d0049152_9241416.jpg
今後、天守閣の復元が望まれているそうです。
[PR]
by nori_bura | 2014-10-14 15:50 | 旅行・香川県

史跡 高松城跡③(高松市)

水門 二の丸と三の丸の間。
d0049152_1305627.jpg
d0049152_12562662.jpg高松城は、北に海、三方に堀を巡らし海水を引き入れているので、堀の水位は潮の干満によって変わります。
この水門の操作で水位調節をしていたと言われています。事が起きれば、堀全体が巨大な軍港と化し、水軍の軍船を城に入れることもできた最新鋭の水城(海城)であったそうです。
d0049152_1311472.jpg鞘橋
本丸と二ノ丸を唯一つないでいる天守閣に至る通路。戦略上の役割もうかがえます。当初は「らんかん橋」と呼ばれ、屋根を有する現在の形になったのは江戸時代中期ののことと言われています。

天守台石垣
d0049152_139260.jpg
明治17年(1884) 天守は老朽化により解体。
1920年 松平家初代藩主松平頼重を祀った玉藻廟を建立。
2006年より始まった天守台石垣の解体修復工事に伴い、玉藻廟は全て解体された。
平成19年(2007)天守台の解体・補強・積み直し工事を開始。
平成25年(2013)3月より天守台の一般公開を再開されています。
[PR]
by nori_bura | 2014-10-13 15:45 | 旅行・香川県

史跡 高松城跡②(高松市)

d0049152_10233813.jpg後の高いビルは、サンポート高松と
JRホテル。


一番高い石垣は天守閣跡

右は三の丸。

内堀。

d0049152_1024087.jpg





三の丸の石垣。







d0049152_10242047.jpg桜御門跡
三の丸入り口です。

披雲閣
(重要文化財)
松平藩時代に三の丸に披雲閣と呼ばれる現在の2倍の規模の書院風建物があった。明治5年(1872)に老朽化により取り壊され、現存の披雲閣は、松平家高松別邸として、3年の歳月をかけて1917年(大正6年)に竣工した。
d0049152_10494792.jpg
左から、北の丸月見櫓・続櫓・水手御門・渡櫓
d0049152_1050395.jpg
月見櫓(着見櫓)(重要文化財)北の丸の隅櫓。 
水手御門(みずのてごもん)(重要文化財)
江戸時代、この石垣の北側まで海でした。藩主は水手御門から小舟で出て、沖に停泊する御座船「飛龍丸」に乗船し遊覧を楽しんだり、参勤交代に出かけたりしていました。
水手御門は、直接海に向かって開く海城独特の門で、全国唯一の現存例です。
渡櫓(重要文化財)。
[PR]
by nori_bura | 2014-10-12 10:17 | 旅行・香川県

史跡 高松城跡(高松市)

別名・玉藻城(たまもじょう)。日本100名城(77番)。
高松城は、豊臣秀吉の四国制圧の後、天正15年(1587)讃岐一国の領主となった生駒親正によって築かれました。近世城郭の海城としては、最初で最大の例です。d0049152_9352139.jpg
駐車場側の東入口から入りました。

艮(うしとら)櫓
(重要文化財)
東の丸。寛文11年(1671)の松平氏による大改修で、北の丸と共に増設された。
現在、桜の馬場の太鼓櫓跡に移築されている。
d0049152_9353855.jpg
旭門 (現存)
旭橋
旭門と共に、寛文11年(1671)の大改修で設けられた。

中堀
海水が引き込まれており、貝が生息し、養殖の鯛も放流されている。
d0049152_9354931.jpg
d0049152_1095235.jpg


More
[PR]
by nori_bura | 2014-10-11 14:30 | 旅行・香川県

特別名勝 栗林公園にて②(高松市)

d0049152_11121632.jpg
飛来峰(ひらいほう)からの眺め 
富士山にならって作られた築山で、ここから南湖方向を見ると、紫雲山を背景に、掬月亭、手前には偃月橋と、圧巻の景色が広がり、園内随一のビューポイントです。
d0049152_10412111.jpg
d0049152_10413721.jpg
季節を変えてまた訪れたいです。
[PR]
by nori_bura | 2014-10-10 14:30 | 旅行・香川県

特別名勝 栗林公園にて(高松市)

d0049152_905819.jpg9月下旬の旅・栗林公園へ。
とても広い公園の中には、6つの池と13の築山を巧みに配し、江戸時代初期の回遊式大名庭園として、すぐれた地割り・石組みを有し、木石の画趣に富んでいます。
この時期開花している花は、萩と芙蓉。緑が美しい。
とてもお天気の良い暑い日でした。
d0049152_934735.jpg

鶴亀松
110個の石を組み合わせ亀を形どった岩組の背中に鶴が舞う姿をした黒松を配したものであり、園内で最も美しい姿をした松である。


d0049152_944687.jpg
紫雲山を背景に、美しい松並木の数々です。


箱松・屏風松
低いまつが箱松、高い松が屏風松。
300年以上にわたる手入れの積み重ねで見事な枝振りが保たれている。
d0049152_1085918.jpg

[PR]
by nori_bura | 2014-10-09 14:00 | 旅行・香川県