<   2006年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

高山辺り(生駒市)

d0049152_13542280.jpg高山の里 
生駒の北端、つまりは奈良県の最北西端にあります。
国内の茶せんの9割以上を生産する高山町の田んぼで、材料になる竹を寒風にさらす「竹干し」が、今の時期(3月初旬まで)見られます。
竹干しは、釜で煮て油抜きした竹を乾かしながら太陽の紫外線にあてると、風合いが出るという重要な作業工程。
茶せんは1・3メートル程度、茶しゃくなどは3~4メートル程度に切って円すい状に20~50本並べ、時折回転させて、まんべんなく天日が当たるようにするのだそうです。

d0049152_10215277.jpg
d0049152_10312274.jpg
d0049152_21334548.jpg高山竹林園d0049152_2134416.jpg









資料館で竹製品をPRされています。
周囲の竹林には多種の竹が植えられている。生駒市高山町 3440番地  
TEL. 0743-79-3344

近鉄奈良線「富雄駅」よりバス「上大北(高山竹林園)」下車。徒歩5分。 休館日:年末年始12月27日~1月5日
茶筌製作実演日: 毎月第1・第3日曜日(実演時間はお問い合わせください)
d0049152_1027668.jpg
室町時代中期、高山の城主頼栄の次男・宗砌がその親友の称名寺住職・村田 珠光の依頼によって作ったのが、高山の茶筌の始まりと伝えられています。
時代を経て、高山の里は全国唯一の茶筌の産地となり、 昭和50年には国の伝統的工芸品の指定を受けました。現在は各流派により60種以上の茶筌が作られています。
(奈良県高山茶筌生産協同組合HP より)
d0049152_10402346.jpg高山八幡宮
d0049152_21454547.jpg








本殿は、室町時代の建立。
室町時代の末期の特色をよく残した建物で、国の重要文化財に指定されている。
[PR]
by nori_bura | 2006-02-28 21:53 | 奈良で寄り道

船宿寺へ(御所市)

夫の実家へ片付けに行く前の寄り道。(自分勝手にご褒美だと思ってお花を見に出かけます。)つつじが特に有名ですが、四季折々の花が楽しめるお寺です。今境内では、山茶花、南天などの赤い実の植物、蝋梅が満開、椿がボチボチ咲いています。
d0049152_21295153.jpg
d0049152_21331969.jpg
d0049152_2134401.jpgd0049152_2134575.jpg








d0049152_21402471.jpgd0049152_21355987.jpg








船宿寺は、神亀年間、行基が夢枕に現れた老人に「船形の岩の上に薬師如来を祀るように」告げられ、その地に庵を建てた事に始まり、1200年の歴史を持ちます。心身の病を癒されることより医王山といわれている。
 
 所在地 〒639-2264 奈良県御所市五百家484
 交通 近鉄御所駅より奈良交通バス五条バスセンター行15分船路下車徒歩5分
  お問合せ 電話番号:0745-66-0036
[PR]
by nori_bura | 2006-02-27 22:02 | 奈良で寄り道(御所市)

カルメシ茶屋 西大寺店でランチ

d0049152_0343835.jpgd0049152_0344623.jpg昨日のランチ、ほのぼの御膳1050円。(生上げ生姜醤油、ざる上げ豆腐、白酢和え、魚の網焼き、うずみがゆ、汲み上げ豆腐の味噌汁)ヘルシーで美味しい!
他には、麦とろ健康膳1260円、籠盛り弁当1050円、カルメシ御膳1575円etc。
日替わり定食819円、皿うどん、かつ重、(温、冷)うどんの定食もある。
奈良市西大寺栄町3-20ポポロビル3F  TEL:0742-33-5057
11:30~15:00(14:00LO) 17:00~23:30(22:45LO) 無休 P 無
[PR]
by nori_bura | 2006-02-26 00:43 | 奈良で食べた物(奈良市)

菅原天満宮のおんだ祭と盆梅展(奈良市)

このおんだ祭は1000年以上も続けられています。(戦中戦後途絶えていたが、昭和50年代から復活)。神輿倉の前、四隅に青竹を立てしめ縄をはった仮の神田で、翁の面を着けた田主が古い狂言形式で(村役などと全員で台詞の掛け合い)農耕儀礼を行います。
↓牛の面を付けた子供と農機具を付けて走り回ったり、観衆にぶつかったり。
d0049152_21253762.jpg肥え入れ、肥撒きの場面もユニーク↓d0049152_21343684.jpg
















d0049152_22274348.jpg参詣者めがけて肥料を撒き散らしたり→
モミ種を大きく撒いたり↓雑草採りの所作があり楽しめました。

最後に、田主、牛の役をした少年、神主さん、巫女さん、村役さん等により、松苗撒きがありました。


d0049152_21263625.jpgd0049152_21371585.jpg















梅便り 室内の盆梅が見頃↓ 境内は拝殿手前の一本が五部咲き↑で、他はまだ。
d0049152_2318363.jpg
    菅原天満宮と喜光寺で開催中の菅原の里盆梅展は3/5日(日)まで。
[PR]
by nori_bura | 2006-02-25 22:46 | 奈良の行事2月

橿原市昆虫館で

minreiさんのHPでここの放蝶温室を知り、以前からず~っと来てみたいと思っていました。2月中は入館無料なので、今日お墓掃除の前に寄り道しました。d0049152_2223539.jpgd0049152_2223282.jpg
















d0049152_22242586.jpgd0049152_22282061.jpg








↑世界一小さい鳥、ハチドリ。
d0049152_17555135.jpg





亜熱帯地方の植物や花が咲く温室内を白い大きな蝶がヒラヒラと沢山飛んでいます。(他の種類の蝶もいます。)
施設についてはこちらをどうぞ。
[PR]
by nori_bura | 2006-02-24 22:41 | 奈良で寄り道(橿原市)

「みりあむ」のカレー

d0049152_8265529.jpg以前から食べてみたいカレーでした。
日本人向けのインド風カレー。サラサラのスープカレーで、スパイスが効いている。ヒーヒーしないけど、食べている時から体がポッポッと温まってきました。レーズンと食後にヨーグルトが付いて750円。
奈良市高畑町840  0742-23-3428 11:00~20:00(土曜・祝日~18:00) 日曜休 P 無
[PR]
by nori_bura | 2006-02-24 08:06 | 奈良で食べた物(奈良市)

志賀直哉旧居にて(奈良市)

d0049152_8282197.jpgd0049152_8283319.jpg








d0049152_8382359.jpgd0049152_829724.jpg















d0049152_840165.jpg志賀直哉旧居は、文豪志賀直哉が奈良在住中に自ら設計したもので、小説「暗夜行路」を完結するなど文筆活動を続けた場所です。
13年間(大正14年4月から昭和13年4月)を奈良で過ごし、随筆「奈良」(志賀直哉全集7巻)の最後に、「兎に角、奈良は美しい所だ。自然が美しく、残っている建築も美しい。 そして二つが互いに溶けあっている点は他に比を見ないと云って差支えない。 今の奈良は昔の都の一部分に過ぎないが、名画の残欠が美しいように美しい。 御蓋山の紅葉は霜の降りようで毎年同じようには行かないが、よく紅葉した 年は非常に美しい。5月の藤。それから夏の雨後春日山の樹々の間から 湧く雲。これらはいつ迄も、奈良を憶う種となるだろう。」と書いています。こちらも参考にどうぞ。 
[PR]
by nori_bura | 2006-02-23 08:49 | 奈良で寄り道(奈良市)

「ろくさろん」でお茶(奈良市高畑町)

d0049152_23355523.jpg新薬師寺の北側にあります。
これはヘルシーケーキセット800円。
ブルーベリーのタルトは、見た目よりあっさりしていた。
d0049152_23363243.jpgお店のHPを見つけました。
[PR]
by nori_bura | 2006-02-22 22:58 | 奈良のカフェ

新薬師寺で(奈良市)

d0049152_22225581.jpgd0049152_22231056.jpg















d0049152_22232995.jpg
久しぶりに晴れたので高畑町辺りに散策に出ました。
新薬師寺の境内には山茶花の木が多くあります。現在蕾もありますが、どちらかというと咲き乱れて終盤の雰囲気です。



d0049152_22245080.jpgd0049152_2225831.jpg















創建当時の天平建築様式を唯一残す本堂↑(国宝)には、薬師如来坐像(国宝)や十二神将立像(国宝)が安置されている。お寺のHPです。
[PR]
by nori_bura | 2006-02-22 22:32 | 奈良で寄り道(奈良市)

龍坊の点心セット(宝塚)

宝塚観劇前のランチです。d0049152_1354054.jpgd0049152_1354971.jpgd0049152_13144569.jpg






d0049152_1361153.jpgd0049152_1363923.jpgd0049152_13152249.jpg





d0049152_1365978.jpg前菜2品、孫料理長のきまぐれお粥、芝えびの春巻き、
中国ハム入り大根もち、北京名物丸焼き餃子、笹の葉香りちまき、黒豚肉と湯葉のしょうゆ蒸し、本日のデザート 1人1890円
ここにあります。
[PR]
by nori_bura | 2006-02-21 13:02 | 関西ぶらり(兵庫)