タグ:祭り ( 105 ) タグの人気記事

春日大社・御慶乃舞楽②

d0049152_2255680.jpg
d0049152_22554653.jpg


オレンジの装束の4人が退場された後、グリーンの装束の4人が入場され、舞楽を披露されました。
d0049152_2344193.jpg
d0049152_235738.jpg

[PR]
by nori_bura | 2015-04-14 14:00 | 奈良の行事

春日大社・御慶乃舞楽

春日大社は今年「式年造替」の年に当たります。
d0049152_13354750.jpg「式年」とは「定まった一定の年限」、「造替」とは「社殿を造り替える」という意味。

春日大社では本殿の位置は変えずに建て替え、修復を行うため「造替」といいます。

d0049152_13361186.jpg神さまに西隣の「移殿」へ一時お遷り頂き<仮殿遷座祭(かりでんせんざさい)>、
本殿の修復が終われば、元の本殿にお還り頂きます<本殿遷座祭(ほんでんせんざさい)>。

神護景雲
(じんごけいうん)d0049152_13371884.jpg二年(768年)の創建以来1200年にわたって御殿の建て替えと御神宝の新調がほぼ20年に一度、繰り返しご奉仕され続けてきました。
3月28日は、前日27日に仮殿遷座祭が行われ、奉祝の舞楽が古式により行われました。
d0049152_135296.jpg
d0049152_13522681.jpg

[PR]
by nori_bura | 2015-04-13 13:30 | 奈良の行事

常磐神社で(水戸市)

d0049152_15205917.jpg偕楽園へ行く際に、常磐神社の横から入りました。
明治の初年、義公(第2代藩主徳川光圀公)・烈公(第9代藩主徳川斉昭公)の徳をしたう多くの人達によって偕楽園内に祠堂が創立されたのが神社の始まりです。
d0049152_15211557.jpg訪れた日は梅花祭があり、農人形神輿の準備中でした。

「農人形」とは、水戸藩第9代藩主・徳川斉昭公が、農民の労に感謝して青銅の農民像を作らせ、毎食膳に人形が抱え持つ笠のなかに一箸の飯を供えたのが始まりで、その人形像が木彫りの民芸品として伝承されている物です。

それを神輿にまでされるとは・・・。


d0049152_15213946.jpg


能舞台が開けられていました。



お雛様が飾られています。
[PR]
by nori_bura | 2015-03-31 10:30 | 旅行・茨城県

グローバルビッグひな祭り②(勝浦町)

会場中央には高さ約8m・幅20m・25段のひな壇を4面にピラミッド状に組んだ特大の雛壇がそびえ立っています。
d0049152_8193493.jpg
d0049152_8232837.jpg
d0049152_8234221.jpg
d0049152_8255376.jpg
同じような写真になってしまいました。怖いくらいお雛様達がこちらを見ています。
別会場のお雛様の奥座敷・坂本おひな街道も見て回りたかったですが、生憎の雨で諦めました。

「勝浦」という地名が共通することから全国勝浦ネットワークを結んでいる千葉県勝浦市ではかつうらビッグひな祭りが、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町ではビッグひなめぐりをメインイベントとする南紀勝浦ひなめぐりが開催されているそうです。

とどめのビッグ雛段
[PR]
by nori_bura | 2015-03-03 12:30 | 旅行・徳島県

グローバルビッグひな祭り(勝浦町)

3月1日、雨の日におとずれた徳島県勝浦町のビッグひな祭り
昭和63年に始まり、今回で27回目の町興しイベントです。(4月5日まで開催中)
d0049152_0595483.jpg
d0049152_101974.jpg
d0049152_104275.jpg
d0049152_121084.jpg
全国の家庭で飾られなくなった雛人形を集め供養し、約3万体もの雛人形が飾られています。どう撮ったらいいか分からない程並んでいます。
他には、明治~大正時代の古いお雛様や変わり雛のコーナーもありました。
[PR]
by nori_bura | 2015-03-02 12:15 | 旅行・徳島県

唐津くんち見物㉖・曳き込み(唐津市)

d0049152_1401390.jpg
ラストの十四番曳山・七宝丸(江川町)の曳き込み。一番重たい曳山なので大変です。
d0049152_148252.jpg
御旅所を中心にして、左右7台ずつ「ハ」の字に並びました。
d0049152_1484120.jpg
この後、150年祭の「武田信玄の兜」と今年塗り替えをされた「鳳凰丸」から餅まきが行われました。

半日だけでしたが、「唐津くんち」をたくさん楽しみました。WEBで公開されて見物客が増え、混雑が増しているようです。ここの記事も迷惑になっていたら申し訳ないことです。
[PR]
by nori_bura | 2014-12-07 13:15 |   唐津くんち2014

唐津くんち見物㉕・曳き込み(唐津市)

曳き込み終盤。各町の曳き子と見物人が集まり混雑しています。一段高い所から見物できました。ぼんやりしていたら、巻き込まれて危ない状況です。
d0049152_14433473.jpg
d0049152_14441428.jpg
d0049152_14452193.jpg
d0049152_1450864.jpg

[PR]
by nori_bura | 2014-12-06 12:50 |   唐津くんち2014

唐津くんち見物㉔・曳き込み(唐津市)

12時頃、西の浜御旅所で1番の赤獅子(刀町)の曳き込みが始まりました。
数トンある曳山の車輪が砂に埋もれてしまうため、力まかせに曳き込みます。
所定の場所に納めるには、最終的にバックで入れる事になります。
右側に留める場合には、一旦左手に前進してから右手に後進されていました。
d0049152_9431438.jpg
近くで見られたら、もっと迫力を感じられたのだろうと思います。砂煙が上がるのだそうです。

More
[PR]
by nori_bura | 2014-12-05 12:00 |   唐津くんち2014

唐津くんち見物㉓・西の浜御旅所(唐津市)

西の浜という砂浜に、明神台と呼ばれる御旅所があります。
普段は唐津神社に居る神様が、年に一度、氏子町内に出かけて行ってお休みになる場所です。
d0049152_23582868.jpg
d0049152_2358549.jpg
大石大神社の神輿が入られるところでした。
[PR]
by nori_bura | 2014-12-04 11:50 |   唐津くんち2014

唐津くんち見物㉒・休憩風景(唐津市)

神幸行列は午前9時半に唐津神社を出発し、12時からの御旅所曳込に到着するまでの間、途中で休憩をはさんで街の中を巡行されています。その途中でのスナップです。
d0049152_1955420.jpg
d0049152_1962664.jpg

[PR]
by nori_bura | 2014-12-03 11:30 |   唐津くんち2014