人気ブログランキング |

塩釜市にて

d0049152_15425394.jpg3日目は鹽竈(しおがま)神社へ行くのと、塩釜のお鮨を食べるのを目的に観光。
JR仙石線の本塩釜駅で下車し、鹽竈神社を目指して歩きます。

途中、古い佇まいの建物や町並みが残って
d0049152_1539384.jpgいるような・・・。

『志ほが満』の看板のお店「丹六園」は、銘菓のお店。表には、茶器や陶器が並んでいました。

塩釜市は古代製塩の地として有名で、その製塩法により出来た塩を模しd0049152_1540561.jpg天然記念物の桜を打ち出したお菓子が『志ほが満』。
ちょっぴり塩味のきいた軟落雁に青シソの粉末を散らし、見た目も味も上品な逸品で、渋めの緑茶やお抹茶との相性ピッタリなのだそうです。

d0049152_1541448.jpg
↑鹽竈神社の東参道(裏坂)に続く石灯籠・石畳・鳥居。


マンホールは市の花「白い菊」が描かれている。
by nori_bura | 2009-04-24 15:36 | 旅行・宮城県
<< 鹽竈(しおがま)神社へ① (塩釜市) 「おやま」のたんシチュー(仙台市) >>