人気ブログランキング |

高取町の古い街並み

高取町は、壺阪寺の門前町として、江戸時代には「高取城」の城下町として栄えた町で、現在も町屋をはじめ、上級武士の長屋門や壺阪寺道に沿った門前集落の家並みなど、城下町の遺構を数多く残しています。
近鉄壷坂山駅前から国道を渡って進むと、土佐街道と称される古い町並が1km以上にわたって続きます。お雛様を巡りながら、町並みも少し見て歩きました。
d0049152_5134765.jpg
黒壁・虫籠窓・格子。 ↓ かまどの煙や蒸気を逃がす煙出し櫓。
d0049152_5141926.jpg
d0049152_514487.jpg
d0049152_5151568.jpg↑ 5つ連なる竈は珍しい。

←馬をつないで置くための「駒つなぎ」の鉄輪。






d0049152_5155424.jpg
d0049152_5162585.jpg
下屋敷表門の位置にある石川医院(皮膚科)。





連子窓の漢方薬店も現役の建物。


d0049152_517141.jpg

by nori_bura | 2010-03-06 23:12 | 奈良の古い町並み
<< 高取町で 町屋の雛めぐり ② (高取町) >>