人気ブログランキング |

秦楽寺の蓮(磯城郡田原本町)

d0049152_871179.jpg
d0049152_8104739.jpgd0049152_8111279.jpg















お墓の掃除の前の寄り道。もっと早く出かけようと思っていたのに、どちらも遅くなってしまいました。ここへは、11時頃到着。蕾と閉じてしまった花が多く見られます。
(お寺について)
   所在地奈良県磯城郡田原本町大字秦楽寺
   交通近鉄笠縫駅下車 北西へ徒歩10分
 真言律宗。寺伝によれば秦河勝と伝えられる。本尊の千手観音像は百済王から大化3年(647)に賜ったものとされるが、現在のものは平安時代の作である。脇侍は秦河勝と聖徳太子であるという。本堂は形状が護摩堂そのものであり、転用されたものと考えられる。また、本堂前面にある「阿字池」は、弘法大師の築造と伝えられる。弘法大師が「三経指帰」を著述中、池の蛙がやかましく鳴くので叱ったところそれ以来鳴かなくなったとの伝説をもつが、今はにぎやかに鳴いている。ハス池となっており、7〜8月にかけて美しいハスの花が、極楽の如く咲き乱れる。(田原本町HPより)
by nori_bura | 2005-08-12 22:59 | 奈良で寄り道
<< 東大寺夜間拝観 コリアンキッチン石焼亭(奈良店) >>