人気ブログランキング |

長崎さるく・グラバー園へ

d0049152_1512138.jpgグラバー園を目指し、さるく。

途中オランダ通りの赤く目立つ建物は旧長崎英国領事館の裏側だった。
手前にあるのは、職員住宅とレンガ塀です。


20年以上ぶりに訪れたグラバー園は、新鮮な感覚で散策できました。
動く歩道で傾斜をあがり、旧三菱第2ドックハウスへ。眺めがいい~!
d0049152_1012185.jpg
d0049152_1013547.jpg
d0049152_1014957.jpg




幕末、外国人たちの街だった南山手の丘を下って行きます。
長崎地方裁判所の官舎・イギリス人実業家・貿易商の住んでいた住居やカフェを見て歩き、旧グラバー住宅へ辿り着きます。
d0049152_10141484.jpg
旧グラバー住宅は、1863年に建てられた日本で最も古い木造西洋風建築で、国の重要文化財に指定されています。
正面玄関を設けないクローバー型の建築。建築当時は接客用の別邸だったらしく、その後しだいに住居として増築を重ね、明治の中頃、現在のような姿になりました。
d0049152_1014529.jpg
独特の建物の形と庭の植物・眺望が組み合わり、素晴らしい空間ですね。素敵~!

園内には噂のハート型の敷石があります。これに触れると恋がかなうとか、2つ見つけると良いことがあるとか、いろんな伝説があるそうです。その石の近くの植木に、願い事を書かれたハート型の札がたくさんかけられていました。
by nori_bura | 2012-02-23 15:10 | 旅行・長崎県
<< 長崎ちゃんぽん・江山楼 長崎中... 長崎さるく・大浦天主堂界隈 >>