人気ブログランキング |

丸の内イルミネーション

東京駅に向かう「丸の内仲通り」。
10月に入り始まったイルミネーションと、小雨で濡れた路面のキラキラが綺麗でした。
d0049152_2235587.jpg




帝劇に、純愛物語 meets YUMING 8月31日~夏休み最後の日~を見に行きました。d0049152_22353821.jpg
帝国劇場は今年開場101年。
この企画は、帝劇開場100周年に当たり、約3年前に「これまで観たことのないもの」というオファーがあり始まりました。
d0049152_223556100.jpg
『事故に遭ったICUベッドの元彼に付き添い、夢の中で再会。過去を振り返り誤解が解けたが、永遠の別れが訪れる。』というストーリーです。

面白かったのは、その描き方と進め方で、それがコンサートでも芝居でもミュージカルでもないという部分です。
紗幕を3枚使い、それは夢の中・過去の記憶を表すベール、病室の壁、衝立にもなります。過去の思い出を走馬灯の様に幕の向うで演技が流れたり、幕に映像を当て様々なシーンが生まれる。効果的で面白かった。クリアな部分とおぼろげな部分を視覚で感じます。 
セリ・盆など舞台装置も使いこなされています。ユーミンの登場・彼と彼女の退場を音楽に合わせ、格好よく。三人の男女の思いが巡るシーンも良かった。
クライマックスでは3つのセリが回りながら上下して・・・。金箔が飛び・・・。

ユーミンはこの中で、ストーリーと繋がる歌を歌い、またヒッチコックのように話します。
ダブル主演の貫地谷しほりさんの演技には泣かされました~。
旅立つ元彼を惜しんで、号泣の迫力と思いがすごかった。
そしてANNIVERSARY『なぜこんな事~気づかないでいたの~』とユーミンに歌われて・・・。

「自分ストーリーと重ねて見て下さい」と云われるとおり、過去や現在の自分と何かしら繋がります。
いつもは泣くのを我慢できる私も、未だかつてなく泣きました。
by nori_bura | 2012-10-17 17:40 | 旅行・東京
<< 保存復元された東京駅 丸の内駅舎 新幹線車窓から >>