人気ブログランキング |

鳥取城址の桜①

鳥取城(とっとりじょう)は、鳥取県鳥取市(旧・因幡国邑美郡)にある16世紀半ばの天文年間より明治維新に至る久松山を中心とした山城です。(国指定史跡)
別名、久松山城・久松城。
以前久松公園を訪れた際は、仁風閣の脇から石垣を見上げただけだったので、今回は少し上がって見ることにしました。
宝珠橋を渡り、丸の内の仁風閣・県立博物館の前を通り過ぎ、城門へと続きます。
d0049152_11124289.jpg
d0049152_1337976.jpg中仕切門(西坂下門)
鳥取城で唯一の城門。
宝珠橋から入り、鳥取県立博物館脇の二の丸登り口にある。
1975年(昭和50)強風のため倒壊し、ほぼ旧態どおりに復元された。
元は、明治維新直前に建てられたと考えられている。




d0049152_12103622.jpg
d0049152_12105898.jpg
この辺りはまだ二の丸の下の段です。
d0049152_1211168.jpg
鳥取城は、戦国時代に織田信長の家臣であった羽柴秀吉と毛利軍との戦いの舞台(鳥取城の兵糧攻め)となったことでも有名です。
by nori_bura | 2013-03-31 10:30 | 旅行・鳥取県
<< 鳥取城址の桜② 二の丸の石垣と 久松公園にてー内堀と桜(鳥取市) >>