人気ブログランキング |

桜土手の桜③智頭(ちず)橋~鹿野橋(鳥取市)

袋川に架かる若桜橋、智頭橋、鹿野橋、鋳物師橋、出合橋の5橋を藩橋といい、橋の修築は藩の手で行われました。
智頭橋は、かつては知頭橋と呼ばれていました。袋川を挟んで久松山側は智頭街道のd0049152_12503390.jpg大木戸と札場のあった場所で、鳥取城下町の正面玄関にあたります。
札場:藩が法令や通知を掲示する場所
大木戸:城下の入口に設けられた、内と外を仕切る門
対岸側の瓦町には、鳥取藩の瓦職人の屋敷があり、そこから現在のJR高架下あたりまでは、町家や武家屋敷が立ち並んでいました。
智頭街道は鳥取城下の目抜き通りで、藩主の参勤交代の道筋であったため、智頭橋は他の橋よりも高く立派につくられていました。
平成5年に整備された『きなんせ広場』。(智頭橋に隣接し、イベントが開かれる。)↓
d0049152_1304723.jpg
d0049152_13215648.jpg
d0049152_13197.jpg




鹿野橋
(しかのばし)
 

鳥取より行徳に通じる、伯耆(ほうき)中道通の橋で、橋の名前は鹿野往来(鹿野城下に向かう道)に架けられたことにちなみます。









d0049152_10501422.jpg

by nori_bura | 2013-04-09 14:25 | 旅行・鳥取県
<< 桜土手の桜④市場橋~御舟橋(鳥取市) 桜土手の桜② 花見橋辺り (鳥取市) >>