人気ブログランキング |

用瀬のひな祭り・雛荒らし(鳥取市)

ひな祭りにまつわる風習に「雛荒らし(ひなあらし)」があるそうです。
これは、子供たちがお互いの家をまわり、ひな壇に供えられたお菓子やご馳走を食べるといういたって愛らしいもの。供えたものを黙って取って食べることが公認されていたところから出た名称と考えられており、中国・四国地方の言葉ですが、和歌山県でも使われているところがあるようです。また初雛の時にお菓子をふるまうことを「ひなあらし」というところもあります。

用瀬町内の旧家では、ひな飾りを公開され、訪れた人々に、お茶や甘酒・お菓子・「おいり」がふるまわれ、お雛様の説明もして下さいました。
A家では、江戸時代から江戸末期・明治・大正・昭和のお雛様が飾られ、それぞれの違いと特徴を教えて頂きました。
d0049152_14352595.jpg
T家で特に印象深った、安政6年の額縁に入った押絵のお雛様。
d0049152_1458957.jpg
他、公民館でひな荒らし風景が見学できました。
by nori_bura | 2013-05-01 12:10 | 旅行・鳥取県
<< 用瀬のひな祭り・町なかのひな飾... 用瀬のひな祭り・町なかのひな飾... >>