人気ブログランキング |

名古屋城へ①(名古屋市)

d0049152_15372840.jpgずるずる歩いて名古屋城に到着。
正門ではなく、二之丸大手二之門(重要文化財)から入りました。
古くは西鉄門といわれ、二の丸の正門でした。本瓦葺の高麗門(こうらいもん)形式で、柱や扉には鉄板を打ち付けた堅牢な造り。建造年代は天守と同じ慶長17年頃の完成とみられているが、元和年間とする説もある。
体育館の横を通りすぎ本丸エリアへ。
東南隅櫓(重要文化財)
辰巳櫓ともいわれ、その規模、構造は西南隅櫓と同じ(屋根 2 層・内部 3 階)。「落狭間」の破風の形を異にしている。この櫓は創建当時の姿を伝えるもので、鬼瓦などに葵の紋が見られる。
d0049152_15375833.jpg
d0049152_15423417.jpg内堀は工事中でした。

清正公石曳きの像
慶長15年(1610年)加藤清正が徳川家康に願い出て、天守閣の石垣工事を施工した。清正は、巨石を修羅に乗せて運ぶ時、石の上に乗り気勢を上げたと伝えられ、世に「清正の石曳き」といわれています。(写真を撮っている人が多かった)

表二之門から更に中に入ります。

第二次世界大戦で失われた本丸御殿は復元工事中で、玄関・表書院は5月29日から一般公開。
d0049152_15425894.jpg

by nori_bura | 2013-05-10 12:40 | 旅行・愛知県
<< 名古屋城へ②天守閣(名古屋市) 名古屋街歩き③ 本町橋(名古屋市) >>