人気ブログランキング |

長崎さるく・県庁辺リ

d0049152_2254563.jpg




大波止交差点
スタート。






d0049152_2317017.jpgカステラが全国的に有名な文明堂。
その本家、発祥が長崎の文明堂総本店です。明治33年(1900年)に初代中川安五郎氏が創められました。

ビルの谷間に昔の雰囲気のままの建物が目立ちます。

d0049152_23371725.jpg
南蛮船来航の波止場跡(県庁第3別館前)→
元亀2年(1571)、ポルトガル船とポルトガル人がチャーターした唐船の合計2隻が初めて長崎港に入港しました。以後もポルトガル船は毎年のように来航し、長崎は国際貿易都市として急速に発展していきました。
当時、ここは長い岬の先端部分で、波止場がありました。天正10年(1582)、伊東マンショ・千々石ミゲル・中浦ジュリアン・原マルチノ、4人の天正少年使節団がローマに向けて出航したのも、慶長19年(1614)、高山右近・内藤如安らキリシタンがマニラやマカオに追放されたのも、すべてこの波止場でした。d0049152_0441524.jpg
現在県庁がある場所は、
ポルトガル時代にはサン・パウロ教会、イエズス会本部があり、江戸時代には長崎奉行所西役所、幕末には海軍伝習所が設けられていた。明治時代になり、長崎会議所・長崎裁判所が置かれました。

県庁のすぐ横にある、商店街のアーチ。
可愛レトロなデザイン。
d0049152_074968.jpg商店街にある、奉(たてまつる)というお店。→
面白い長崎雑貨があります。d0049152_045410.jpg







6町時代の井戸だそうです。(県庁の斜め前)
1570年に長崎港開港。
開港とともに岬には新しく6つの町(大村町・島原町・平戸町・横瀬浦町・外浦町・分知(文知)町)がつくられた。
その時代でしょうか?
by nori_bura | 2013-11-01 15:30 | 旅行・長崎県
<< ハトシの山ぐち(長崎市万才町) 長崎でお茶・アティック ( 長... >>