人気ブログランキング |

紅葉の湖東三山・西明寺へ②(犬上郡甲良町)

d0049152_1132519.jpg
千年夫婦杉
二天門手前右側の霊木で幹が途中で二又に分かれていることから夫婦杉と呼ばれる。後側から子供の様に若木がでていることから良縁、夫婦和合、子授け、安産の霊木、 樹令千年の長寿の木であるので息災延命、家内安全の霊木とされている。
二天門(重要文化財)
室町時代の建築の門(応永14年(1407年)と思われる)。入母屋造、杮(こけら)葺きの八脚門。二天(持国夫、増長天)は院尋作である。
表道両側石垣は、穴太積の初期の物。
d0049152_1194218.jpg




d0049152_318138.jpg
d0049152_3181689.jpg二天 ↑ 
四天王のうち、東方を護る持国夫を左、南方守護の増長天を右に安置している。




←二天門から階段下を見下ろす。





↓ 二天門をくぐり、本堂側から振り返る。
d0049152_3183142.jpg

by nori_bura | 2013-12-17 09:50 | 関西ぶらり(滋賀)
<< 紅葉の湖東三山・西明寺へ③(犬... 紅葉の湖東三山・西明寺へ(犬上... >>