人気ブログランキング |

紅葉の湖東三山・金剛輪寺④(愛知郡愛荘町)

三重塔(重要文化財)
寺伝では鎌倉時代の寛元4年(1246年)の建立というが、様式的には南北朝時代の建築とみられる。織田信長の焼き討ちはまぬがれたものの、近世以降は荒廃し、塔の初層と二重目の軸部(柱、梁などの根幹材)と組物がかろうじて残るだけで、三重目はなくなっていた。現状の塔は1975年から1978年にかけて修理復元されたもので、欠失箇所は同じ滋賀県内の西明寺三重塔などを参考に復元したものである。
d0049152_1383081.jpg
d0049152_13182990.jpg
d0049152_13185977.jpg




d0049152_13315093.jpg

by nori_bura | 2013-12-22 11:05 | 関西ぶらり(滋賀)
<< 紅葉の湖東三山・百済寺①参道を... 紅葉の湖東三山・金剛輪寺③(愛... >>