人気ブログランキング |

特別史跡 旧閑谷学校へ(備前市)

5月GWの訪問先。
閑谷学校は江戸時代に建てられた、旧岡山藩直営の庶民教育のための学校です。d0049152_265339.jpg
重要文化財 校門
聖廟の正門で、閑谷学校の校門でもある。
中国最古の詩集「詩経」に因んで鶴鳴門ともよばれる。
両脇に花頭窓のある付属屋を付けるなど中国の建築様式を模している。鯱をのせるのは、この建物だけ。貞享3年(1686)の造営。d0049152_2192059.jpg
国宝 講堂
元禄14年(1701)の完成。
入母屋造り・しころ葺きの大屋根をのせている。
内部は十本の円柱に囲まれた内室と、その周囲の入側からなり外廻りを広縁でとりまいている。
材料の吟味と施工が入念になされており、今日に至るまで一分の狂いもみられない。
一・六の日の四書の講釈、釈菜の講経、正月の読初めの儀、藩主臨学のときの講釈がおこなわれた。 d0049152_2454887.jpg

重要文化財
石塀(せきへい)

校門の左右から出て、閑谷学校の施設をすべて囲み全長765mにもおよんでいる。
河内屋治兵衛を棟梁とする石工集団によって築かれたもので「切り込み接ぎ式」の工法が用いられており、元禄14年(1701)に完成した。
内部には洗浄した割栗石をつめて排水を助けており、三百年を経て今も端然たる姿をたたえている。
聖廟 儒学の始祖孔子を祀っている。
閑谷神社 閑谷学校の創設者・岡山藩主池田光政を祀るために貞享3年(1686)に建てられた。
d0049152_2542012.jpg




d0049152_2475174.jpg
広い敷地に中国の様式を取り入れた江戸時代の建造物が整然と並ぶ異空間です。
手入れが良く美しい。
人が殺到しないだろうという理由で訪れたのですが、ここは来て良かったです。
by nori_bura | 2014-05-18 11:00 | 旅行・岡山県
<< 特別史跡 旧閑谷学校へ②(備前市) 伊達の牛タン・厚切り芯たん 塩仕込み >>