人気ブログランキング |

福知山城へ(福知山市)

福知山城初訪問。
室町時代、小笠原長清の末裔とされる福知山地方の国人塩見頼勝が、八幡山の脇に掻上城を築城したのが始まりと言われています。
戦国時代、明智光秀が丹波の拠点として新たに城を築き、 以来整備が進められ、慶長5年(1600) 頃に完成。江戸時代には福知山藩の居城であった。

明治4年(1871)、廃城。石垣と銅門(あかがねもん)番所だけ残された。
昭和61年 (1986) 11月、3層4階の天守閣再建。
天守閣は、 望楼型の独立式を基本として復元され、初期天守閣の特徴がよく現れたものです。
d0049152_11291666.jpg
左から小天守、続櫓、大天守。
小天守は2層2階。続櫓(つづきやぐら)を通して大天守に連結している。
by nori_bura | 2014-07-09 14:15 | 関西ぶらり(京都)
<< 福知山城へ②(福知山市) 観音寺のあじさい鑑賞③(福知山市) >>