人気ブログランキング |

阿伏兎(あぶと)観音へ(福山市沼隈町)

d0049152_1211352.jpg沼隈町能登原の磐台寺を訪れました。
阿伏兎岬にある観音堂が瀬戸内海に面して建つ景色を見るためです。

お寺の入口に受付があります。
7時~17時・無休
料金:100円・小学生50円

d0049152_12194672.jpg客殿(広島県指定重要文化財)
室町時代の建築様式です。
992年 花山法皇により石造十一面観音像を本尊に祀り、付近の航海の安全を祈願するために創建された。
1570年 毛利輝元が堂を再建し整備。
1667年 歴代の備後福山藩主の手厚い保護を受ける。福山藩四代藩主水野勝種により、石垣や鐘楼、回廊を増築し現在に近い姿となる。d0049152_12195964.jpg
観音堂へ。
(重要文化財)
石段を上がって行きます。

岬の岩頭に建つ朱塗りの観音堂は、瀬戸内海の中でも特に素晴らしい景観として広く知られています。毛利輝元によって創建されました。
d0049152_12251279.jpg




d0049152_15174173.jpg観音堂は、安藤広重(歌川広重)の浮世絵「六十余州名所図会」や志賀直哉の「暗夜行路」などにも紹介されています。

昔から航海の安全・子授け・安産の祈願所としても有名です。

d0049152_15175510.jpg




石段の途中には鐘つき堂がある。






d0049152_1518195.jpg
お堂の中には女性の乳房の形をした絵馬が多数奉納されていた。乳房型の護符もあるそうです。

岬の先端に石塔が建つ。



d0049152_15183890.jpg
お堂の回廊には靴を脱いで上がります。
高い所なので、少し怖かった。

観光クルーズ船に乗り、海上から観音堂を望む事ができるそうです。
by nori_bura | 2014-09-27 13:15 | 旅行・広島県
<< 瀬戸内海国立公園・鞆の浦(福山市) 国宝 明王院へ(福山市) >>