人気ブログランキング |

史跡 高松城跡(高松市)

別名・玉藻城(たまもじょう)。日本100名城(77番)。
高松城は、豊臣秀吉の四国制圧の後、天正15年(1587)讃岐一国の領主となった生駒親正によって築かれました。近世城郭の海城としては、最初で最大の例です。d0049152_9352139.jpg
駐車場側の東入口から入りました。

艮(うしとら)櫓
(重要文化財)
東の丸。寛文11年(1671)の松平氏による大改修で、北の丸と共に増設された。
現在、桜の馬場の太鼓櫓跡に移築されている。
d0049152_9353855.jpg
旭門 (現存)
旭橋
旭門と共に、寛文11年(1671)の大改修で設けられた。

中堀
海水が引き込まれており、貝が生息し、養殖の鯛も放流されている。
d0049152_9354931.jpg
d0049152_1095235.jpg




d0049152_10114784.jpg

旧東の丸艮櫓

内側から見ました。







d0049152_101224.jpg


桜の馬場
桜が植えられ、馬場があった地。
by nori_bura | 2014-10-11 14:30 | 旅行・香川県
<< 史跡 高松城跡②(高松市) 特別名勝 栗林公園にて②(高松市) >>