人気ブログランキング |

梅満開の偕楽園へ(水戸市)

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつです。
天保13年(1842)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭により造園。千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。
約13haの園内には約百品種・三千本の梅が植えられています。(3/22満開)
d0049152_15554747.jpg
東西梅林にて
d0049152_1675026.jpg
d0049152_168643.jpg
d0049152_16105241.jpg

by nori_bura | 2015-04-01 10:40 | 旅行・茨城県
<< 梅満開の偕楽園へ②(水戸市) 常磐神社で(水戸市) >>