人気ブログランキング |

梅満開の偕楽園へ②(水戸市)

偕楽園の中は梅林だけではありませんでした。
(左)孟宗竹林(京都男山の竹を移植したもの)  (右)吐玉泉
d0049152_1124545.jpg
(左)太郎杉(推定樹齢800年)         (右)笹の叢
d0049152_11243094.jpg
好文亭中門をくぐり好文亭へ。
d0049152_11245587.jpg
d0049152_11252535.jpg徳川斉昭自らが設計したもので、木造2層3階建ての好文亭本体と木造平屋建ての奥御殿から成る。

斉昭は、ここに文人墨客や家臣、領内の人々を集めて詩歌や慰安会を催した。

d0049152_11254763.jpg



連休の混雑で、中には入らずです。
by nori_bura | 2015-04-02 11:10 | 旅行・茨城県
<< 梅満開の偕楽園へ③(水戸市) 梅満開の偕楽園へ(水戸市) >>