人気ブログランキング |

三井寺(園城寺)にて(大津市)

閼伽井屋、三井の霊泉(閼伽井屋内部) 重要文化財 
桃山時代(慶長五年1600) 正面三間 側面二間 一重 向唐破風造 桧皮葺
内部には井泉が湧き、天智・天武・持統天皇の 産湯に使われたことが三井寺の名前の由来になっています。中を覗くと、ポコポコと水の湧く音が聞こえました。
d0049152_10274519.jpg
閼伽井屋の正面上部に見られる龍の彫刻は、江戸初期の彫刻職人、左甚五郎作です。昔、この龍が夜な夜なびわ湖に出て暴れたため、困った甚五郎が自ら龍の目玉に五寸釘を打ち込み静めたと伝えられています。
d0049152_10281344.jpg
d0049152_1028452.jpg

閼伽井石庭

日本最古の庭園です。
蓬莱山をかたどった石組。





d0049152_10291187.jpg



霊鐘堂

梵鐘(弁慶鐘)が安置されている。





d0049152_10294943.jpg
梵鐘(弁慶鐘)

・重要文化財 奈良時代
・銅鋳造 一口 総高199.0cm
・身高156.0cm 口径123.2cm

龍頭と直角で、しかも比較的高い位置に撞座がある。
外に張り出さない駒の爪。
中世の遺品が一区内四段四列を標準とする乳の数を、五段七列としている。

伝説『弁慶の引き摺り鐘 』で知られる。

d0049152_10301540.jpg
一切経蔵
重要文化財 
室町時代
正面三間 
側面三間
一重 もこし付 
宝形造 桧皮葺
もとは山口市の国清寺の経蔵で、 慶長七年(1602)に毛利輝元によって移築されたもの。
d0049152_10304034.jpg


八角輪蔵

一切経を納める回転式の蔵。
高麗版一切経が納められる。
天井から 円空仏七体が発見されています。
by nori_bura | 2015-04-21 14:45 | 関西ぶらり(滋賀)
<< 三井寺(園城寺)の桜③(大津市) 三井寺(園城寺)の桜②(大津市) >>