人気ブログランキング |

備中国分寺(総社市)

d0049152_2247314.jpg備中国分寺は、
聖武天皇の発願によって創建された国分寺の一つです。

建物は南北朝時代に焼失したと伝えられ、現在の建物は江戸時代中期以降に再建された物です。

d0049152_234388.jpg↑ 山門をくぐり、
境内へ。

(右)大師堂


(左)本堂

本尊;薬師如来
GWは本尊の公開があり、見られました。
d0049152_0362258.jpg

創建当時の史跡・備中国分寺跡は、現在の国分寺境内と重複しています。
寺域は東西160m・南北180m。
出土した土器などから中世初期まで存続したと推定されている。


山門の左手の小さい池。
蓮?が咲き、五重塔が映る。



創建時の建物の礎石があります。
d0049152_0432034.jpg

by nori_bura | 2015-05-18 12:15 | 旅行・岡山県
<< 備中国分寺・五重塔(総社市) れんげの花と五重塔(総社市) >>