人気ブログランキング |

吉祥草寺 左義長(茅原の大とんど)(御所市)

吉祥草寺は修験道の開祖役行者の生誕地で、寺も役行者によって開創されたと伝えられる。毎年1月14日には高さが5mある雌雄2本の松明に火をつけ、その年の豊凶を占うことで知られる「茅原の大とんど」が行われている。県指定無形民俗文化財。
d0049152_23523814.jpg
今日は朝から雨が降っていたため、とんどの燃え上がりが悪く時間がかかっていました。もっとバーッと燃え上がって真っ赤になるものだそうです。竹に火が入るとパーンと音がしていました。
by nori_bura | 2006-01-14 23:13 | 奈良の行事1月
<< 京都駅近で短時間で食す 念仏寺陀々堂の鬼走り (五條市) >>