人気ブログランキング |

2015年 04月 19日 ( 1 )

三井寺(園城寺)の桜(大津市)

4月4日、晴~曇。三井寺の桜満開。翌週は多忙なので、用事を終えて午後出かけました。晴れていたのに、こちらに着いた頃には曇に変わっていました。

天台寺門宗総本山である三井寺は 正式名称を長等山園城寺(ながらさんおんじょうじ)という。
672年、壬申の乱に敗れた大友皇子の皇子「大友与多王」は父の霊を弔うために 「田園城邑」を寄進して寺を創建し、 天武天皇から「園城」という勅額を賜わった。
大門(仁王門) 
重要文化財 室町時代(宝徳四年1452) 三間一戸楼門 入母屋造 桧皮葺
三井寺中院の表門で、東面して建ち、両脇の仁王像が山内を守護している。
記録によると、天台宗の古刹常楽寺(湖南市石部町)の門で、 後に秀吉によって伏見に移され、慶長六年(1601)に家康によって現在地に建てられた。
d0049152_2324635.jpg
釈迦堂(食堂)
重要文化財 室町時代 正面七間 側面四間 一重 入母屋造 桧皮葺
d0049152_233745.jpg
d0049152_2334214.jpg







金堂へ。
石段を上がります。











d0049152_234827.jpg







教待堂
教待和尚の御像を安置している。
教待和尚は智証大師入山まで当寺を護持していた老僧です。
by nori_bura | 2015-04-19 14:00 | 関西ぶらり(滋賀)