人気ブログランキング |

カテゴリ:旅行・鳥取県( 41 )

流しびなの館(鳥取市用瀬町)

千代川に架かる赤い欄干の橋を渡ると流しびなの館があり、ここで軽食を頂きました。
d0049152_0505271.jpg
d0049152_0511348.jpg
d0049152_0514890.jpg館内には、古い雛人形の展示があります。
中庭には池があり、木蓮や遅咲きの八重桜が咲いていた。周辺の山肌では、コバノミツツジが満開。流し雛をする子供らも休憩中でした。
by nori_bura | 2013-04-29 11:35 | 旅行・鳥取県

もちがせの流しびな(鳥取市用瀬町)

d0049152_3531820.jpg4月12日、用瀬(もちがせ)町のおひな祭りを見てきました。

もちがせの流しびなは旧暦の三月三日のひなまつりに、男女一対の紙雛を桟俵にのせ、菱餅や桃の小枝を添えて、災厄を託して千代川(せんd0049152_3533799.jpgだいがわ)に流します。
無病息災で1年間幸せに生活できますように願う情緒豊かな民俗行事です。

観光客も流し雛とお札を購入しひな流しを体験できました。

d0049152_23514280.jpg



県無形民俗文化財に『もちがせの雛送り』として指定されています。
d0049152_23515966.jpg


ゆるキャラ 花 トリピー
by nori_bura | 2013-04-28 10:50 | 旅行・鳥取県

大善寺のしだれ桜(鳥取市用瀬(もちがせ)町)

d0049152_1648448.jpg
d0049152_16501568.jpg樹齢100年以上のものと言われるシダレ桜が、お寺に上がる階段の上を覆うように咲いていました。
(3月31日撮影)

大善寺は、慶長(あるいは文禄)のころ、文応和尚によって開かれたと言われています。

藩政時代には藩の祈願所であり、藩主が参勤交代の折には、寺の見えるあたりに来ると下馬したと伝えられています。

用瀬町総合支所に駐車して見に行きました。JR用瀬駅からは徒歩3分。
by nori_bura | 2013-04-20 15:05 | 旅行・鳥取県

お城山展望台 河原城(鳥取市河原町)

d0049152_16451512.jpg
d0049152_1645750.jpgかつて丸山城と呼ばれてた戦国時代の出城砦 (でじろとりで) があった所に建設された展望台です。
4階の展望台からは360°見渡せ、陣を置くにふさわしい場所であった事がよく分かります。



d0049152_1323070.jpg
d0049152_13231621.jpg


他の角度の展望
by nori_bura | 2013-04-19 13:45 | 旅行・鳥取県

長瀬の大しだれ桜(鳥取市河原町)

シダレザクラの巨樹として鳥取県でも有数のものです。(県指定文化財・天然記念物)
推定樹齢420年。幹まわり2.24m、樹高12m、枝張りは東西20m、南北16mに広がってたれ下がり、花は五弁淡紅白。(3/31撮影)
d0049152_1603287.jpg


ドライブの途中、丘の上に建つお城が見えました。
by nori_bura | 2013-04-18 13:30 | 旅行・鳥取県

鹿野城址散策②

d0049152_15264363.jpg

山頂の天守台跡まで上がる事にしました。





石段がずっと続きます。






d0049152_15272313.jpg





古い石垣。






d0049152_16432012.jpg


城山神社
妙見社跡にあります。
この辺りから眺めが良くなり、北側の日本海まで見渡せます。









d0049152_16533516.jpg天守台跡
10m四方の礎石列の外側2mに、七間(14m)四方の外側線と、その基底部に根石が残っており、この七間四方の石垣の上に本瓦葺入母屋造りの三層の建物が聳えていたと推定される。


d0049152_1654482.jpg
d0049152_1657052.jpg
帰りは、城山神社の鳥居側に下りてきました。
こちらが登城口でした。

鳥瞰図
by nori_bura | 2013-04-16 11:00 | 旅行・鳥取県

鹿野城址散策(鳥取市鹿野町)

桜を求めて初めて鹿野城址を訪れましたが、折角なので、ちょっと散策しました。
別名:王舎城、志加奴城、鹿奴城  城郭構造:平山城   
築城主:志加奴氏(鹿野氏)  築城年:不明  遺構:石垣、堀、曲輪、土塁
d0049152_13415442.jpg


散策レポ
by nori_bura | 2013-04-15 10:40 | 旅行・鳥取県

鹿野城跡公園の桜七分咲き(鳥取市鹿野町)

400年前に築かれた城下町の中心に位置する鹿野城跡のお堀端には500本ものソメイヨシノが咲きます。訪れた3月31日は、七分咲きでした。曇り空が残念です。
d0049152_15204258.jpg
鹿野桜祭り中は、 ぼんぼりやライトアップなどで演出された桜が楽しめます。
d0049152_029683.jpg
d0049152_023549.jpg

by nori_bura | 2013-04-14 10:40 | 旅行・鳥取県

桜土手の桜⑥出合橋~湯所橋(鳥取市)

出合橋   材木町土手外から丹後片原町(現・相生町二丁目)の間にかかり、江戸時代の城下町の橋としては最も下流の橋でした。
橋の名前の由来は、袋川外から来る者と内から出る者が出会う場所であったためとも、もとの川筋と江戸時代に新たに開削された袋川が出会う場所であったためとも言われています。
d0049152_12591832.jpg
d0049152_12523480.jpg
一番端の湯所橋
d0049152_1254261.jpg
d0049152_12545633.jpg
一番端から振り返った。(逆光)
d0049152_12554494.jpg
この日はたくさん歩き、日焼けもしてしまいました。(3月30日)
by nori_bura | 2013-04-12 13:20 | 旅行・鳥取県

桜土手の桜⑤鋳物師(いもじ)橋~有門橋(鳥取市)

鋳物師橋  鋳物師橋は、袋川を挟んで久松山寄りの茶町と、対岸の寿町の間にかけられています。橋の名前は江戸時代の寿町の町名「鋳物師町」に由来します。
鋳物師とは、金属を溶かして鋳物を作る職人の事で、町ができた頃にはそういった人達が集まって住んでいたようです。現在の橋は昭和28年の鳥取大火後にかけられました。
d0049152_11395575.jpg
d0049152_16425970.jpg
白い有門橋
d0049152_13432092.jpg
d0049152_13501582.jpg


鳥取藩の
  「御用石」

洪水の際に橋を守るための「重り石」だったと思われる。
by nori_bura | 2013-04-11 14:00 | 旅行・鳥取県