人気ブログランキング |

カテゴリ:旅行・広島県( 40 )

紅葉の耕三寺へ⑤(尾道市 瀬戸田町)

孝養門に続く回廊。 とても色鮮やかです。
d0049152_20325173.jpg
d0049152_20331737.jpg
左から、法宝蔵 五重塔 僧宝蔵  
d0049152_20333726.jpg
僧宝蔵・法宝蔵 国登録有形文化財
両宝蔵は五重塔に向って相対する建物で同寸同大。飛鳥時代創建で江戸期に再建された大阪・四天王寺の金堂を原型としている。建築細部は、入母屋造の妻面に見える虹梁や身舎の組物の形状など江戸後期(19世紀)の社寺建築の特徴を正確にとらえている。
五重塔 (大慈母塔)
奈良・室生寺五重塔(国宝)を原作とし比較的忠実に造られている。

どこまで私財で造られたのでしょうか。日本の有名な寺院の建造物をとことん真似て、すごいお寺ですね。驚きました。
博物館では、美術品コレクションが展示されています。
by nori_bura | 2012-12-03 14:25 | 旅行・広島県

紅葉の耕三寺へ④(尾道市 瀬戸田町)

本堂 国登録有形文化財
京都宇治平等院鳳凰堂を原型とし建立。中央に中堂、その左右対称形に翼廊を配し中堂の背後に尾廊が建つ。入母屋の屋根、切妻、寄棟、腰屋根をはじめ肘木垂木の大面取など、仏教建築の最高峰と言われる藤原時代の様式を忠実に取り入れていることが最大の特徴と言える。この前面には約八間角、総白大理石造りの大礼壇があり、腰鏡には瑞華霊禽の浮彫を施している。
d0049152_19525714.jpg
孝養門
原作は日光東照宮陽明門である。当寺の建築においては唯一その実測図が用いられており、各部の比例も一致している。
相違は各部の装飾の彫刻と彩色に多く、下層柱の金銀泥彩色を施した聖衆来迎の浮彫、組物表面に施した宝相華と繧繝(うんげん)彩色など原作よりはるかに華麗である。
d0049152_20682.jpg
d0049152_20111632.jpg
d0049152_20174190.jpg

by nori_bura | 2012-12-02 14:20 | 旅行・広島県

紅葉の耕三寺へ③ 未来心の丘(尾道市 瀬戸田町)

お寺の敷地内の一番高い所に未来心の丘という白い大理石の世界がありました。
d0049152_7514263.jpg
ここから360度島内の景色が見えました。
d0049152_7561050.jpg
d0049152_756337.jpg
d0049152_7571262.jpg
d0049152_7581282.jpg

by nori_bura | 2012-12-01 14:00 | 旅行・広島県

紅葉の耕三寺へ②(尾道市 瀬戸田町)

d0049152_8263175.jpg

銀龍閣 国登録有形文化財

巨石と樹林にかこまれた林泉のなかに優麗とたたずむ書院造の建物です。
室内は八畳大の朱漆塗の板敷。
三方は腰障子の四枚建てとして開放的に造り、その外側には高欄付きの廻縁を巡らせている。中央上部には大きな円形の鏡天井を張り龍図を描いている。
屋根は宝形造り、銅板葺。



d0049152_942810.jpg


救世観音大尊像

奈良・法隆寺夢殿の御本尊、秘仏救世観音が手本として造られています。
像高だけで10m(33尺3寸)あり、宝冠、台座などを加えた総高は15mにもなる大露仏です。




茶祖堂
d0049152_944510.jpg


つづき
by nori_bura | 2012-11-30 13:45 | 旅行・広島県

紅葉の耕三寺へ(尾道市 瀬戸田町)

d0049152_14583398.jpg2012年の紅葉は、始まりはゆっくりで、冷え込んだ1週間で急速に進みました。
11月下旬には西向きでは見頃の所が少なく、ドライブしながら行き先を決め、生口島の耕三寺へ到着。
色鮮やかな山門に驚きました。

ここは、浄土真宗本願寺派の寺院で、山号を潮聲山、寺号を耕三寺というお寺です。
大阪で大口径特殊鋼管の製造会社を営んでいた技術者で実業家の、耕三寺耕三が母親の死後、母への報恩感謝の意を込めて、自ら僧籍に入り菩提寺として昭和10年より生涯を掛けて建立されました。
ともに世の中のすべてのお母様にありがとうと心から手を合わせる「母の寺」として親しまれています。
個人が建てられたお寺だと知り、再び驚きました。
山 門 国登録有形文化財
京都御所・紫宸殿の御門(白木造り)と同じ様式。鋼鉄で造り、その上に朱を塗りこんでいる。
d0049152_14585628.jpg
中門 国登録有形文化財
奈良法隆寺の西院伽藍(楼門)を原型としている。丸柱の上下部を細くし中央にふくらみを持たせ安定感を与えていること、外観の美のみを追求し階段をなくした2階、また上層の勾欄にある万字崩の組子、平桁の蟇股のような割束など飛鳥時代の建築様式であるエンタシスの特徴を完全に再現している。
d0049152_1536753.jpg
d0049152_1544451.jpg

by nori_bura | 2012-11-29 13:35 | 旅行・広島県

上帝釈ハイキング⑤

d0049152_18331254.jpg帝釈峡を訪れたのは全く初めてで、行けるところまで無理せず進むという計画でした。
雄橋の先も少し進む事にしました。
控えめな景色の遊歩道を下って行くと断魚渓へ続きます。

断魚渓(だんぎょけい)
約3億年前に形成されたといわれる渓谷です。
いくつかの段差の岩場を、段違いとなって斜めに、または方向を変えながらが流れ落ちて行きます。
d0049152_20113561.jpg
d0049152_1831573.jpg
この後、マス養魚場を経て素麺滝を目指しながらも、途中で引き返しました。
途中に幾箇所か公衆トイレの建物があったけれどどれも使用禁止。老朽化して落下する危険があるというトイレばかりでした。時間的な事を考えた結果、無理をせず引き返しました。
by nori_bura | 2012-11-18 11:05 | 旅行・広島県

上帝釈・雄橋(おんばし)

天然記念物・雄橋は、溪水の浸食作用によってできた長さ90m、幅19m、厚さ24m、高さ(川底からの高さ)40mの日本一の天然橋です。
独自の自然美をつくり、世界三大天然橋の一つに数えられます。
(他二つは、北アメリカのロックブリッジ・スイスのプレビシュ。)
d0049152_12105686.jpg


他の角度から
by nori_bura | 2012-11-17 10:50 | 旅行・広島県

上帝釈ハイキング③ スナップ

雄橋(おんばし)まで渓谷沿いの遊歩道を歩きながら、スナップ写真を撮りました。
d0049152_14582116.jpg
d0049152_223118.jpg

by nori_bura | 2012-11-16 10:35 | 旅行・広島県

上帝釈ハイキング②

d0049152_217435.jpg白雲洞を出て、ハイキング再スタート。

11/4は紅葉の見頃が始まっていました。
日が当たる所にある木が色鮮やかでした。



d0049152_2173098.jpg

鬼の唐門

白雲洞からほど近い所にあります。
高さ8mあり、くぐリ抜けが出来る形状になっている。
門の上には「鬼の窓」と呼ばれる高さ4mの穴が開いている。

古い時代の鍾乳洞が崩落して入口だけが残った地形と考えられています。






d0049152_218036.jpg
さらに少し歩くと
鬼の供養塔がありました。

10mにもおよぶ石柱です。
帝釈天に命じられて雄橋・雌橋を造った陰陽二鬼神の供養塔と言われています。

平坦な道が多い遊歩道です。
山の木々に日が遮られ、地味目な紅葉がりハイキングでした。
どちらかというと、ウォーキング+森林浴という感じです。
d0049152_2185487.jpg
さらに雄橋を目指します。
by nori_bura | 2012-11-15 10:30 | 旅行・広島県

上帝釈(駐車場~白雲洞)

d0049152_23185586.jpg神龍湖遊覧を終え、上帝釈を目指して移動。
10時前に第1駐車場に到着し、駐車も余裕でできました。(お昼頃には、駐車待ちの列あり。)

←第一駐車場から永明寺方向に見える大銀杏。
この木の向こうに古いお寺(永明寺)がある。

帝釈峡ハイキングスタート。
上帝釈峡散策は、帝釈峡観光のクライマックスのひとつです。
カメラ教室のグループや、家族連れがたくさん来られていました。。
d0049152_1252755.jpg
d0049152_1254792.jpg清流沿いの道を散策すると約5分で白雲洞(鍾乳洞)に到着しました。

白雲洞は帝釈峡を代表する鍾乳洞。
奥行きが200mほどあり鍾乳石や石筍などが見られます。

中の様子を一部アップ。
by nori_bura | 2012-11-14 10:00 | 旅行・広島県