人気ブログランキング |

カテゴリ:    (和・和歌山市)( 43 )

友ヶ島ハイキング④ 旧海軍聴音所跡

孝助松~0.4km → 旧海軍聴音所跡d0049152_14144129.jpg

第二次大戦中に友ヶ島に配置された海軍紀伊防備隊が、海中の敵潜水艦の侵入を探知していた所です。

『スクリュー音を聴き取り、その位置を定め、海底に引かれたケーブルに繋いだ機雷を爆破させて、撃沈するための施設であった。50人程の隊員が3交代で24時間警戒にあたり、スクリュー音に耳を傾けたという。ソナー要員の多くは、その後、南方に転戦され、戦死者も多く、この聴音所の存在については長く不明であった。

平成14年に発見、確認されたもので、建物内壁は煉瓦造、天井部には断熱材のようなものが施され、外壁は自然石で覆い、カムフラージュしている。

この海軍聴音所は、建物がほぼ原型のままに残り、現在、日本では唯一ヶ所、その存在が判明しているところで、歴史的建造物として極めて貴重なものである。』

中に入ってみましたが、廃屋は何となく怖いです。ここで仕事されていた様子を想像してみました。
d0049152_1415955.jpg
窓から外を見てみた。
d0049152_22284054.jpg
d0049152_14162045.jpg

この窓から見ました。→





建物の近くから見下ろした紀伊水道の景色です。↓
d0049152_1416516.jpg

by nori_bura | 2010-05-12 14:11 |     (和・和歌山市)

友ヶ島ハイキング③ 孝助松海岸

灯台~0.3km 10分 → 孝助松
d0049152_11373148.jpg
d0049152_1473554.jpg孝助松は、『船が難破したが親孝行の男が一人だけこの松の木にひっかかって助かった』という言い伝えのある松の木です。

海岸に生えているあの木↑でしょうか?

d0049152_148425.jpg
近くにはキャンプ場があります。

島内の歩道はほとんどがかつての軍用道路で、今も舗装されていない道路で島内を巡ります。
by nori_bura | 2010-05-11 11:36 |     (和・和歌山市)

友ヶ島ハイキング② 友ヶ島灯台へ

池尻~0.4km 10分 → 灯台
d0049152_083339.jpg
明治五年に英国人ブラントンにより設計された、日本で8番目に出来た洋風建築の灯台です。
光度190万カンデラは全国2位の明るさを誇ります。
明治5年6月27日竣工・点灯
d0049152_085529.jpg
構造:白色・塔形・石造

高さ<地上~灯火>12.2m

標高<海面~灯火>60m

光達距離 :
20.5海里(約38km)

日本標準時子午線 日本最南端の地 東経35°00'00"(灯台裏の広場)
d0049152_9515626.jpg
d0049152_9522668.jpg
第1砲台跡灯台のすぐ近く。
d0049152_9525456.jpg
友ヶ島と淡路島間の紀淡海峡を通過する敵艦隊を制圧する ための「砲戦砲台」。
友ヶ島の最西端にあたる標高43mの断崖上に 構築されており、敵艦に対して有利であった。
by nori_bura | 2010-05-10 09:48 |     (和・和歌山市)

友ヶ島ハイキング① 池尻浜周辺

友ヶ島灯台・展望台コース(3.7km)スタート。
野奈浦桟橋~1km 20分 → 池尻浜
途中、古い食堂・ロッジ風の海の家・廃屋があり、池尻浜には旅館があります。
d0049152_0455085.jpg
d0049152_112788.jpg第2砲台
友ヶ島と淡路島間の紀淡海峡を通過する敵艦隊に対して真 横から砲撃を加えるべく設置された「要撃砲台」。

終戦後に米軍によって爆破され崩壊部分が多く、内部は立
d0049152_1122776.jpgち入り禁止です。
友ヶ島は第2次大戦の終わるまでは旧日本軍の軍用地で一般の人は立ち入ることが出来ませんでした。
島内には大戦中の施設が残され、6ヶ所の砲台跡がありま
d0049152_115548.jpgす。
「土木学会選奨土木遺産」



ハイキング道の途中で、穴があいている所がありました。
壕ですか?
by nori_bura | 2010-05-09 00:19 |     (和・和歌山市)

友ヶ島へ

5月2日、友ヶ島に渡りハイキングする事にした。
友ヶ島は紀淡海峡に浮かぶ神島、地の島、沖ノ島、虎島の四島を合わせた総称です。

友ヶ島汽船乗り場 ↓ ( 加太港発 友ヶ島 所要時間20分)
料金:大人 往復 2,000円(片道1,000円) 小人 往復 1,000円(片道500円)
d0049152_1122015.jpg
穴場とはいえ、さすがにGW。乗船を待つ行列ができていました。ハイキングの人の他、キャンプ・バーベキューの人が目立ち、沢山の荷物を持ち込まれていました。
d0049152_0523626.jpg
d0049152_0525458.jpg
d0049152_0531321.jpg加太港からの観光船は、沖ノ島の野奈浦桟橋に到着します。
 
船は折り返し加太港へ。
便数が多くないので、帰りの船の時間を確認してハイキングスタートです。
by nori_bura | 2010-05-08 17:01 |     (和・和歌山市)

活魚料理専門旅館 あたらし屋 にて② (和歌山市加太海岸)

夜明け前の4時58分、外が騒がしくて目が覚めました。覗いてみると、出漁の風景が。
d0049152_1927842.jpg
d0049152_19273187.jpg
d0049152_1928711.jpg
もう一度寝直し
6時20分頃、海を眺めると船は堤防の向こうで操業中。
堤防の上は釣り人がぎっしりです。

朝ごはんもたっぷり頂きました。
by nori_bura | 2010-05-07 19:25 |     (和・和歌山市)

活魚料理専門旅館 あたらし屋 にて (和歌山市加太海岸)

d0049152_18104524.jpgGWのお宿。
数日前に電話で予約。
空いてて良かった~です。
(黒潮膳プランだったと思います。)

お風呂は展望大浴場。(向こうからも見えそうな・・気がした~すぐ近くに建物はありませんが。)
大きいお風呂でゆったり。


d0049152_126919.jpg
d0049152_12105310.jpg夕食のお料理です。

先付け↑
胡麻豆腐の揚げだし
カツオのたたき



前菜(5種盛り)

お料理つづき・・ と 夕暮れ風景
by nori_bura | 2010-05-06 18:07 |     (和・和歌山市)

加太で (和歌山市加太)

5月1日、『和歌山からの帰りに美味しい物を食べたい』という提案があった。
GWに出かけるなんてあり得なーいが、穴場ねらいでこのあたりで過ごす事にした。

田倉崎灯台まで散歩に出かける事に。沖に見える島は友ヶ島です。
d0049152_1328291.jpg
d0049152_1354968.jpg田倉崎の万葉の歌碑
紀の国の 
飽等の浜の忘れ貝 
吾は忘れじ 
年は経ぬとも


この歌碑に向こうに灯台に上がる階段があります。
d0049152_1357371.jpg
d0049152_13581210.jpg
田倉埼灯台

友ヶ島水道への進入に重要な役割を担っています。
構造:白色 塔形 コンクリート造
高さ:地上~項部10.1m
    水面~灯火49m
昭和31年2月4日初点灯
北北西方約300mにある暗礁の標柱を照らし出して危険を知らせています。

淡島神社へ
by nori_bura | 2010-05-05 13:12 |     (和・和歌山市)

黒潮市場で

d0049152_2004616.jpg和歌山マリーナシティー内の黒潮市場にも立ち寄りました。

前の広場で売られているミカンが美味しかった。






d0049152_201833.jpg



マグロの解体ショーが行われており、人だかりができていました。






d0049152_2013135.jpg「海床」というバーベキューのお店でお昼にしました。
市場で好みの食材を購入して焼いて食べます。

安く美味しくというのは難しく・・・いい(お高い)お値段の食材が美味しかった。
画像の中では、大きい海老。
(成形肉は見るからに×。他のお店の物もうまく取り入れたらもっと美味しかったと思います。ケチったら×でした。)
by nori_bura | 2010-04-06 19:58 |     (和・和歌山市)

銀平 和歌山本店 (和歌山市)

d0049152_17181950.jpg銀平和歌山本店で夜の鯛飯コースを頂いた。

画像はその一部。

お造りの盛り合わせ美味しかったー!!!




d0049152_14113273.jpg
d0049152_17231128.jpgその日の魚の中から煮魚・焼き魚を選べます。
季節のお鍋、名物鯛めしも美味しい!!

食べきれず、鯛めしは持ち帰りました。

←デザート

d0049152_17241727.jpg

和歌山市十一番丁22番地
073-432-3087
定休日:月曜日
営業時間:11時半~14時、
17時~22時ラストオーダー23時閉店
by nori_bura | 2009-06-27 23:16 |     (和・和歌山市)