<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大台ケ原で⑥

大蛇ぐらシオカラ谷(2.0km40分、標高1578~1414m)まで、どんどん山道を下って行きました。 ↓途中の紅葉d0049152_21313383.jpgd0049152_21315096.jpg
















d0049152_21425286.jpgd0049152_21431040.jpg















     ↑シオカラ谷とシオカラ橋
この後、駐車場を目指します。(1.4km30分、標高1414m~1571m)急な上り、急な階段が続ききつかった!!休み休み上がりました。すごく心臓に負荷がかかるので、普段運動していない人は避けた方が良さそうです。
以上、私が歩いたのは、「東大台ヶ原完全クリアコース、所要時間約3時間40分、総距離数8.8km」。実際には、休憩などを入れて4時間10分ほどかかりました。

大台ケ原へのアクセス、備考
近鉄上市駅⇔大台ケ原:奈良交通バスを利用しました。料金片道2000円。
運行本数は限られているので、時刻のチェック必須!
往路、大台ケ原に到着時に、帰りのバスの乗車整理券を配られます。(宿泊客と日帰り客の人数を数え、帰りの乗車数を大体予想されていました。)(バス内では両替ができないので、大和上市駅で両替して下さい。)
平日で、近鉄特急は予約なしで乗れました。バスは行き2台、帰り1台(補助席も使用し全員座れた)。道路の混雑なく、大体予定通りに到着しました。(土日はどうでしょうか)
[PR]
by nori_bura | 2006-10-25 00:07 | 奈良の紅葉

大台ケ原で⑤

d0049152_131871.jpg
d0049152_1132353.jpg蒸籠ぐら
大蛇ぐらの北側に横たわっています。晴れて山に日が当たったら、色鮮やかだったでしょうね。
この日の大蛇ぐらは風が強く、ちょっと怖かった。
大蛇ぐらの先端に行く際、岩を越えるのは足が滑りそうで、周囲にある鉄の杭と鎖を伝いました。
(牛石ヶ原~大蛇ぐら0.7km 15分)

この後、私はアップダウンのきついシオカラ谷を通って駐車場まで戻りましたが、ここで疲れを感じている場合は尾鷲辻まで引き返して左手に入る、平坦な道を帰るコースがいいです。
[PR]
by nori_bura | 2006-10-24 00:08 | 奈良の紅葉

大台ケ原で④

d0049152_0112691.jpg
d0049152_0161993.jpg正木ヶ原
(正木峠から10分)標高1635~1600mのポイント。
なだらかな下りが続きました。
イトザサのじゅうたんが広がり、倒木、紅葉も見られた。
←峠の立ち枯れの森が見える。

d0049152_0424976.jpg

牛石ヶ原

(正木ヶ原から尾鷲辻まで0.5km、尾鷲辻から牛石ヶ原0.8km 下りの道(岩や石や木の根っこでと歩きづらい所あり)と平坦な道 計30分)



d0049152_0434248.jpg
イトザサの平原に魔物を封じ込めたと伝えられる牛石があります。その石を見張るように神武天皇の像が建てられています。



↓野生の鹿2頭に遭遇した。

d0049152_055087.jpg
d0049152_0553467.jpg

[PR]
by nori_bura | 2006-10-23 01:18 | 奈良の紅葉

大台ケ原で③

日出ヶ岳~正木峠(30分)
日出ヶ岳を下り、正木辻に戻り、大蛇ぐら方向を目指しました。
正木峠(標高1680m)へ再び上りの道。木の階段を上がります。(日出ヶ岳より緩い)
d0049152_1954421.jpg
d0049152_2024582.jpg↑奥の山が日出ヶ岳。山頂の展望台から階段に沿っておりて来ました。

←正木峠の上りが終わるとずーっと木の階段を下ります。




紅葉樹が途切れると、立ち枯れの樹木と倒木の景色が一面に広がった。
『昭和34年の伊勢湾台風による大量の風倒木とその搬出を契機に、様々な要因が重なり現在も森林の衰退が続いています』
寂しい風景ですね。↓

d0049152_2123378.jpg
d0049152_22224813.jpg登山道は、生態系を守る為にこのような木道やロープで区切られている所があります。
私は知らずに一度ロープをまたいでしまいましたし、犬を連れている人もいました。
帰って来てからそれらが禁止事項であった事に気付きました。
行かれる方はここも読んでみて下さい。
[PR]
by nori_bura | 2006-10-22 00:05 | 奈良の紅葉

大台ケ原で②

日出ヶ岳を目指してスタート(駐車場~日出ヶ岳1.9km 50分 後半急な上りがある)
なだらかな上りの散策道を進み、常緑樹の間に色づく木が見えた。
d0049152_116274.jpg
途中から上りがきつくなり、コンクリートの石段を上がって行くと正木辻に出ます。
d0049152_15574146.jpg
左に進み木の階段をずーっと上がると目指す日出ヶ岳。





途中、立ち枯れの木と紅葉のコントラストが美しかった。

d0049152_14124023.jpg
d0049152_167269.jpg
d0049152_1682117.jpg山頂展望台西側の風景。

霞んでいたので熊野灘は望めなかった。
(条件が良ければ富士山が見えるそう。)

ここは標高1,695mです。

急な階段を上がりますが、この辺りはまだまだ体力に余裕がありました。
昼食をとり、写真を撮っていると時間が過ぎてしまいました。
[PR]
by nori_bura | 2006-10-21 16:30 | 奈良の紅葉

大台ケ原で

大蛇ぐら紅葉見頃
d0049152_1413911.jpg
本日、公共交通機関を利用して行ってきました。(詳しくは後程レポートします。)
紅葉便り・・・日出ヶ岳周辺:最盛期過ぎ、シオカラ谷:見頃、大蛇ぐら周辺:最盛期
散策道沿いの紅葉は、色づいていても茶色い変色が混じるものが多くみられました。
d0049152_10462423.jpg
今日は、西大台での遭難事故をヘリコプターで捜索、東大台では骨折事故がありました。
「大台ケ原散策はハイキングではなく登山です。」と、バスのアナウンスで注意がありました。これから行かれる方々、お気をつけ下さい。
[PR]
by nori_bura | 2006-10-20 23:52 | 奈良の紅葉

龍旗信ラーメン(堺市)

先週、深夜TV「ごきげんブランニュ」で見たお店。
中国江蘇省で作られる天日干海塩とムール貝を何時間も煮詰めて塩ダレを作っている。二人のタレントがスープを飲むなり、「うっ・・違う」とコメントしていたので、昨日(土曜)和歌山からの帰りに立寄った。
夜は18時オープン。18時半に到着するとお店の前には行列があり、10番目くらい。(帰りにはもっと増えていた。)d0049152_20363031.jpgd0049152_20365897.jpgd0049152_2037856.jpg






龍旗信ラーメン煮玉子入り800円:今まであまり塩ラーメンを食べていないので違いは分からないが、こくのある、パンチの効いた塩ラーメンです。(私個人はもっとあっさりまろやかが好み、奈良の梅光軒とか・・)
チャーシュー丼400円:ピリ辛味噌で混ぜてある。濃い目の味。
鶏の唐揚げ600円:ボリュームあります。ソフトで美味しい。
お店の厨房は、真面目にラーメンを作っているという雰囲気で、緊張感が伝わってくる。お客さん達も静かにラーメンを頂いていた。
[PR]
by nori_bura | 2006-10-15 20:34 | 食いだおれ大阪