人気ブログランキング |

<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

紀州東照宮(和歌山市和歌浦西)

d0049152_940282.jpg
「和歌の浦には名所がござる、一に権現」とうたわれた、紀州東照宮を初めて訪れました。







d0049152_9402787.jpg鳥居をくぐると、参道は青石の石畳と緑のトンネルが続きます。



参道を進むと目の前に急な階段が現れます。急勾配の階段は108段あり、「侍坂」と呼ばれます。(紀州藩の武士達の手作りから、この名があるそう。)d0049152_10231661.jpgd0049152_10233325.jpg
















d0049152_10243715.jpg朱塗り極彩色の楼門は、関西唯一といわれるそうです。

階段を上がりきると拝殿が見えてきました。



境内から振り返ると和歌浦を眺められます。

d0049152_10253841.jpg紀州東照宮は、元和7年(1621)、紀州藩祖徳川頼宣公が創建した権現造の神社です。
社殿は「関西の日光」ともよばれ、左甚五郎作の緋鯉真鯉の彫刻や狩野探幽の襖絵がある。(拝観料500円)
朱塗の楼門をはじめ、拝殿、本殿など7棟が国の重要文化財に指定。

毎年5月の第2日曜、和歌祭のひとつ神與渡御祭が行われ、御輿をかついだ男衆が108段の階段を勇壮に練り下る。

所在地:和歌山県和歌山市和歌浦西2-1-20[地図]  TEL:073-444-0808
by nori_bura | 2007-09-30 10:52 |     (和・和歌山市)

中華そば丸三(和歌山市塩屋)

和歌山で人気の和歌山ラーメンを食べに行きました。
お店の前には駐車待ちの車の列、お店の入り口には駐車場に車を止めてから並ぶ人の列が。待っている間に注文を聞かれるので、回転が速く、待ち時間は気にならなかった。d0049152_057129.jpgd0049152_057149.jpg









(左)中華そば500円 (右)特製中華そば(チャーシュー麺)600円
入店するとすぐ、豚骨臭さが鼻に付いたが、スープを飲んでも臭みは気にならなかった。
それより、魚の出汁が入っているなと感じました。(魚系鶏ガラ豚骨スープなのでしょうか?鶏ガラ豚骨か?)お醤油が美味しい!胡椒が入っているようで(底に黒い粒が沈んでいた。)、パンチも感じた。しっかりしたスープだが、飲みやすく、後で喉が渇く事もなかった。ストレート細麺。 食べに来て良かった!美味しかったです。
d0049152_1171471.jpgd0049152_1173133.jpg








d0049152_1174970.jpgテ-ブルの上には「早なれ寿司」100円、「太巻き寿司」半本100円、ゆで卵50円が置かれ、食べた後の自己申告で会計してもらいました。
和歌山市塩屋6-2-88  TEL:073-444-1971
営業時間:11:00~23:00(材料がなくなり次第閉店)
定休日: 日曜祝日
by nori_bura | 2007-09-29 23:55 | 和歌山ラーメン

やな漁見物と鮎三昧(五條市)

d0049152_2365918.jpg
d0049152_2373442.jpg
やな漁が行われている大川橋へやって来ましたが、雨が降らず川の水量が少ないので、今日は漁ができない状態なのだそうです。
水量があり、鮎が掛かっていたら、鮎を拾わせてもらえるようです。(持ち帰りはできないらしい)

とりあえず、通路を通って『やな』まで行き、どんな感じなのか見物しました。

その後、土手の仮設食堂にて、
鮎三昧!


d0049152_2318502.jpg
d0049152_2320348.jpg←あゆ遊膳2000円
あゆ味噌煮、子持ち鮎塩焼き、あゆ甘露煮、小あゆ南蛮漬け、にゅーめん(鮎の身入り)、柿の葉寿司、フルーツ。
子持ち鮎は大きかった!よく焼かれて、子の部分が白くて綺麗。味噌煮は初めて食べたが美味しかった。にゅーめんのお出汁の味も美味しい!


d0049152_2328030.jpgd0049152_23281171.jpg







←釜めし御膳2000円(風除けの木枠に囲まれています)鮎と鶏肉と筍、人参などが入った釜めしです。
他に小あゆの南蛮漬け、甘露煮、子持ち鮎の塩焼き、にゅーめん。
これぞ、鮎づくし!!! 鮎好きの人大喜びでした。
それぞれ、単品でも頂けます。他にあゆフライ、小あゆ天ぷら、松茸釜めし、栗釜めし。
冷奴、しそジュース、梅ジュースもあります。
by nori_bura | 2007-09-22 23:40 | 奈良で寄り道(五條市)

岡峯古墳(下市町)

d0049152_0525265.jpg食事の前に時間調整で立ち寄りました。

古墳時代後期の築造。吉野地方最大の石棚付き古墳。
標高約160mの河成段丘の北端に位置する、直径約15m、高さ4.5mの円墳。

d0049152_05392.jpg石室がほぼ西に向かって開口する横穴式で、天井を緑泥片岩の巨石で覆った羨道と、前道、玄室からなり、玄室は長さ3m、幅2m、高さ約2.2m。
(普段は施錠されている為、石室見学は下市町教育委員会に申し込みが必要。)
 
出土品:日本最古の唐草文様を環頭部に象嵌した素環頭柄黒漆太刀、金環、ガラス玉、須恵器など。
by nori_bura | 2007-09-20 00:54 | 奈良で寄り道

鶴萬々堂の桜鮎(下市町)

d0049152_0464987.jpgd0049152_0472874.jpgつるべすし弥助さんで出されたお菓子。
吉野川の鮎にちなんだ和菓子です。
鮎の形をしたこの手の和菓子はよく見かけますね。
これは、中にお餅をはさんでいて、甘すぎず食べやすいのでお店に立ち寄り購入しました。
吉野郡下市町下市61  TEL:0747-52-2473
by nori_bura | 2007-09-19 00:20 | 奈良のスイーツ

つるべすし 弥助(下市町)

d0049152_23551980.jpg天然鮎のお料理を食べに出かけました。
←ベンガラの赤壁が目立つ建物は老舗の風格を感じさせます。
ここは、歌舞伎「義経千本桜」三段目「すし屋」の舞台となった事でも有名です。

天然鮎懐石を予約。
前菜:蕨餅とじゅんさいの酢の物、とこぶし、スカンポ(イタドリ)のお料理。d0049152_23554095.jpg







刺身(天然鮎の刺身は8月まで。)       鮎の塩焼き(さすがに美味しい!!!)d0049152_064072.jpgd0049152_065186.jpg









d0049152_018268.jpg揚げ鮎の甘酢あんかけ
↓      小鉢物:里芋の田楽、卵焼き→d0049152_0141111.jpg







鮎鮨、吸物、フルーツd0049152_022228.jpgd0049152_0222131.jpg








d0049152_0265313.jpgd0049152_027439.jpg















d0049152_027574.jpgお食事を頂いた部屋からは、崖にしつらえた山庭を眺めることができました。
(右上)建物の中、廊下です。

お店の方には、「義経千本桜」のお話、お庭の塚の事、お料理について等、色々お話して頂きました。
吉野郡下市町下市533   詳しくはこちら
by nori_bura | 2007-09-18 00:40 |       (他の地区)

櫻井寺周辺(五條市)

d0049152_11255984.jpg
d0049152_11262514.jpg櫻井寺は、五條市須恵にあります。
天暦年間(947~957)桜井康成の創建と伝える古刹。
天誅組は桜井寺を本陣として五條仮政府と号しました。天誅組についてはこちらを。
浄瑠璃の艶容女舞衣の三勝,半七の塚がある。

←交差点をはさんだ場所にこの道しるべがありました。
高野山方面と伊勢街道の分岐点のようです。
by nori_bura | 2007-09-17 00:02 | 奈良で寄り道(五條市)

五條市新町通にて②

d0049152_1124676.jpg


西方寺
ぼけよけ地蔵










d0049152_113415.jpg

趣のある建物の旅館。

TEA ROOMの営業もされています。







d0049152_1132292.jpg
二見側から本町方向を見下ろしました。
by nori_bura | 2007-09-16 11:23 | 奈良の古い町並み

五條市新町通にて

久しぶりにゆっくり歩いてみました。
古い町家と普通の民家が混在しており、写真を撮るには構図が限られました。d0049152_0284348.jpgd0049152_029745.jpg
















d0049152_0292935.jpgd0049152_0295618.jpg















d0049152_0311244.jpg

栗山邸
棟札に慶長12年(1607)□月吉祥日の銘があることから,日本最古の民家とされています。




d0049152_0321446.jpg
d0049152_0323338.jpg
詳しくはこちらを。
新町通りでは、漆喰を塗りなおしたり、外壁を直している家が何軒も見られました。
街なみの歴史的景観に調和するよう、家屋やその他の工作物の外観を伝統的建築様式に合わせながら新築・増築・改築・改修する事業が行われているようです。
by nori_bura | 2007-09-15 23:27 | 奈良の古い町並み

やな漁(五條市)

やな漁の準備が進められていました。
d0049152_05373.jpg
d0049152_061999.jpgd0049152_064637.jpg















d0049152_073694.jpg

期間
2007年9月15日(土)~10月下旬

詳しくはこちらでご確認下さい。

夫が鮎好きなので、期間中にまた来てみたいと思います。











「やな漁」とは、
石や竹などでせき止めて、川の流れを集め、そこにアシや竹を荒く編んだ「すだれ」のようなものを置いて、川を下る魚を獲る伝統漁法です。この仕掛けを「簗(やな)」といいます。かつては秋に産卵のために川を下る鮎などを獲るのに使われました。
今では全国的にも珍しいそうです。
by nori_bura | 2007-09-14 23:04 | 奈良で寄り道(五條市)