人気ブログランキング |

<   2010年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

RAGUMAN (和歌山市黒田)

d0049152_135594.jpg和歌山の創作ラーメン店。
メニューの種類が多いです。


あっさりトマトらぐまん 750円
ラーメンの上にトマトと青紫蘇をのせたあっさりらーめん。





d0049152_136201.jpgらぐまんらーめん 650円
白醤油ベースで白菜たっぷりの基本的らーめん。

どちらも美味しかったです。

チャーハンもとても美味しい!
よーく炒めてあって大好きな味。

色んなメニューを食べてみたいリピートしたいお店でした。
d0049152_1244233.jpg


メニュー
by nori_bura | 2010-05-29 23:22 | 和歌山ラーメン

浅草・亀十のどら焼き

d0049152_1211584.jpg東京・浅草からのお土産。
有名特製 どらやき(黒あん・白あん)  1ヶ 315円

林家一門のお遣い物にする「どら焼き」。岸朝子さん、仮屋崎さんが選んだ 手土産にしたい和菓子 焼き菓子NO.1 に選ばれたとか。

私も食べてみたかった、この「どらやき」。
ビックリしたのは、まずお値段。お高いですね~。
このフワフワの生地の食感は初めて!!!インパクトあり。
餡は甘すぎず食べやすかった。


毎週水曜日:大丸 心斎橋店・阪急百貨店 梅田店でも販売されているようです。
by nori_bura | 2010-05-26 16:43 |   食・東京

貴船へ

d0049152_16343948.jpg鞍馬寺西門は貴船側にあり、そこを出ると貴船川を川上方向に歩き貴船神社に向かいました。

貴船川の新緑と水の流れが気持ち良かった。

いつか川床料理を食べに訪れたいです。


『本宮にお参りしたあと、奥宮へ、その帰りに結社へお参りするのが古くからの習わしです。』

水を司る神様として有名です。


d0049152_1635895.jpg
d0049152_163622100.jpg
本宮へ行くと、境内では「縁結びの神様」として縁を求める若い女性のお参りが多く、水占おみくじを買い求め神社のご神水に紙を浸す行列ができていました。
ご神水を頂きたかったのですが、あきらめて奥宮へ。

途中、ご神木がありました。
(左)相生の杉:同じ根から生えた日本の杉。樹齢千年。相生は「相老」に通じ、夫婦共に長生きの意味。
(右)連理の杉:連理とは別々の木が重なって一つになるの意で、夫婦・男女の仲睦まじい事をいう。このご神木は、杉と楓が和合したもの。
d0049152_938277.jpg
d0049152_16414227.jpg本宮~奥宮まで 徒歩約15分(700m)

奥宮の本殿の下には龍穴があるそうです。
前に立つと気持ち良かった。

今回、結社には立ち寄りませんでした。
縁結びの神として有名ですが・・・。

タグを設けておいて何ですが・・・
by nori_bura | 2010-05-25 16:33 | 関西ぶらり(京都)

鞍馬山・奥の院~西門

義経堂・不動堂の次には、大きな木の脇の木の階段の方へ進みます。
段々と道の様子が変わり木の根道といわれる所を歩きました。
『硬い地質のため、杉の根が地中に入り難く、地表を這っている。』のだそうです。
d0049152_20186.jpg
d0049152_23292526.jpg奥の院魔王殿・拝殿
ここから奥の「本殿」を礼拝します。
『650万年前、金星より地球の霊王として天降り地上の創造と破壊を司る「護法魔王尊」が奉安されてる。』


d0049152_23294666.jpg

奥の院を過ぎると、下りの山道がずーーっと続きます。

この逆のコースだと、最初は登りの山道を延々と歩く事になるのですね。
鞍馬 → 貴船コースの方が幾分か回り易いように思いました。







d0049152_23301177.jpg




下り続けて約15分で西門に到着しました。
by nori_bura | 2010-05-24 23:27 | 関西ぶらり(京都)

鞍馬山・不動堂へ

↓ 本堂の左手に奥の院への参道入り口があります。
   境内にも山内にも多数の史跡がありました。その中で、牛若丸にまつわる物を。
                            息つぎの水 ↓
牛若丸が東光坊から奥の院へ兵法の修行に通う途中、この清水を汲んでのどの渇きをうるおしたと伝えられます。
d0049152_239647.jpg
d0049152_2395133.jpg

背比べ石

奥州に下る牛若丸が名残を惜しんで背丈を比べた。






d0049152_9361799.jpg


義経堂

源義経公を護法魔王尊の脇侍「遮那王尊」として祀られています。







僧生ガ谷不動堂
謡曲の鞍馬天狗と牛若丸が出会った所。
d0049152_2310132.jpg
d0049152_23104056.jpg不動堂前の六芒星もパワースポットして紹介されているサイトがあり、ここにも立ってきました。
by nori_bura | 2010-05-23 23:07 | 関西ぶらり(京都)

鞍馬山・本殿へ

中門をくぐったら、ずっと階段が続きます。修業になりますね~。
d0049152_22315813.jpg
d0049152_22322614.jpg
d0049152_2233358.jpg ↑ 転法輪堂も、向かい側の寝殿も階段の途中にあります。
写真を撮る事が休憩になりました。
本殿のある所まで上がると、ここは高所だと感じます。



d0049152_22334165.jpgそして、人の列にビックリ!
しました。
今巷ではパワースポットブームですが、本殿金堂前がメディアで紹介され、そのポイントに立つ為の行列ができているのでした。

ここまで上がってくるのは大変でしたので、私達も並びました。
d0049152_22354433.jpg


続き・・・
by nori_bura | 2010-05-22 22:30 | 関西ぶらり(京都)

鞍馬山・由岐神社

ケーブルカーに乗らずに歩き進むと、こちらの神社に着きました。
ここは、毎年(10月22日)鞍馬の火祭が行われる神社だそうです。
大きな杉に囲まれた古い神社で、中でも拝殿の向こうの大杉がとても存在感があります。

鳥居の向こうに建つ拝殿は、参道の石段で左右に分かれ、荷拝殿(にないはいでん)また割拝殿(わりはいでん)と称し、豊臣秀頼の再建になる重要文化財です。
d0049152_16513848.jpg
大杉社の大杉は、『願掛け杉の御神木として厚く信仰されている。』
樹高:53メートル 樹齢:800年(京都市指定天然記念物)
(木に触らないでの張り紙に気を取られ、人もそれなりに多く、願を掛けなかったのは残念です。)
d0049152_2253874.jpg
d0049152_2255927.jpg
九十九折参道(つづらおりさんどう)を経て、
中門まで進みました。
by nori_bura | 2010-05-21 16:50 | 関西ぶらり(京都)

鞍馬山へ

5月3日、GWの最中に友人とお出かけの約束をした。
人混みを嫌い、できるだけ郊外を希望、初めての鞍馬を訪れる事となった。
d0049152_23453831.jpg
狛犬(こまいぬ)の代わりに、阿吽(あうん)の寅が安置されています。
『鞍馬寺の本尊である毘沙門天が、この地に出現したのが寅の月の寅の日の寅の刻であったということから、寅は昆沙門天の使いとされ、鞍馬寺を守護する霊獣となった。』
d0049152_1632619.jpg
新緑がまぶしく、清々しかった。
d0049152_2346641.jpg
『鞍馬寺は鞍馬教弘の総本山で、宇宙の大霊(尊天)を本尊とする信仰の道場であり、山内一帯は尊天より活力をいただくべく心浄かに祈りを捧げる浄域である。』(立札より)

仁王門から約2分歩いた所の普明殿という建物の中にケーブルカーの山門駅があります。それに乗ると多宝塔まで2分で上がれますが、待つ人がとーーーても多く、歩いて上がる事にしました。
by nori_bura | 2010-05-20 23:44 | 関西ぶらり(京都)

雍州路 (ようしゅうじ) (鞍馬寺門前)

鞍馬寺の山門前にあるお店。鞍馬山に入ってしまうと貴船に抜けるまで食べる所はないので、ここで早いお昼を取りました。民芸調の落ち着いた店内です。
d0049152_14254560.jpg
d0049152_14261269.jpg
雲珠とろろそば 
1,600円
(冷たいとろろそば・田楽・白和え)
白和え美味し~。








d0049152_14263760.jpg

わらび餅は自家製だそうです。


このお店では、精進料理のメニューが幾つかあり、しっかりと腹ごしらえできるようです。
by nori_bura | 2010-05-19 14:22 | 関西ぶらり(京都)

鞍馬の天狗

5月3日、鞍馬へ。駅にもお土産屋さんにも、神社にも天狗さんがいた。
d0049152_1314381.jpg
d0049152_1313404.jpg

by nori_bura | 2010-05-18 13:12 | 関西ぶらり(京都)