<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

五條市の朝

3月18日、小雨の朝。五條市にて。
d0049152_14561366.jpg
d0049152_14563394.jpg

[PR]
by nori_bura | 2012-03-18 08:38 | 奈良で寄り道(五條市)

花ふぶき (リバーサイドホテル1F)

五條市のリバーサイドホテル内『花ふぶき』にて夕食。
d0049152_1442118.jpg
d0049152_14533295.jpg
d0049152_14531672.jpg食前酒に梅酒を頂いた。

3月の春のお料理です。

いつもながら、美味しいお料理でした。
[PR]
by nori_bura | 2012-03-17 18:13 |        (五條市)

お家のとんかつ亭 (田園2丁目)

d0049152_13592114.jpgヒレかつ定食 
 1200円
(連れがとんかつ定食を注文し、シェア。)
美味しく頂きました。
このお店は、以前は喫茶店だったのでは?
自宅の一角をレストランにされているような感じでした。
d0049152_13594739.jpg家庭的で丁寧なお店です。
五條市田園2丁目1-6
TEL:
0747-26-3500
営業時間
(モーニング)
9:00~10:30
(ランチ)
11:00~17:00(L.O.16:00)
日曜日休み
[PR]
by nori_bura | 2012-03-06 13:24 |        (五條市)

長崎土産・松翁軒の五三焼カステラ

d0049152_1141024.jpg長崎にはとてもたくさんのカステラ屋さんがあるそうです。

こちらのお店は今も手焼きで美味しいと勧められました。

ホントーに美味しい!!! 
お取り寄せしたい程です。

五三焼カステラは、卵黄を増やし、その分卵白を減らし、砂糖を増量して、生地のしっとり感をより濃くかもし出した1ランク上の上質のカステラです。2520円

帰りに空港レストランで食べた五三焼カステラは、もっと甘くて、こちらの方が美味しかった!お店によって味が違うので、たくさんある中から自分の好みを見つけるのも楽しいですが・・・。
こちらの物は、甘さがしつこくなく、しっとりしています。
一緒に購入した「チョコラ―テ」1050円も美味しかった!

本店の2Fには喫茶室があり、頂けます。

これで長崎の旅は終了です。
[PR]
by nori_bura | 2012-03-05 23:11 |   食・長崎

長崎の食・長崎卓袱 浜勝

隠元和尚などによってもたらされた普茶料理(精進料理の一種)の配膳形式に、長崎町民の間で作り出された和・唐・蘭のミックスした献立がそのまま盛りつけられ、長崎独特の料理を生み出したのが卓袱料理の始まりだとされています。
本場長崎で卓袱料理を食べてみたかったので、今回は浜勝へお邪魔しました。
選んだのは『ぶらぶら卓袱3570円』のコースです。
d0049152_16365293.jpg
お鰭(おひれ):卓袱料理の最初にでる椀物。 はんぺん、四方鯛、しいたけ、青身野菜、紅白もちなど山・海・野の幸が入る。
酢の物・ 揚げ物:ハトシ・口取り盛り合わせ
d0049152_16371413.jpg
香物・豚の角煮・マメの蜜煮・刺身三種盛・デザート・梅椀・(他に御飯)
d0049152_1637384.jpg
豚の角煮は三日もかけて煮てあるのだそうです。もっと食べたかった。
色々なお料理を少しずつ楽しんで頂きました。活きのいいお刺身はもちろん美味しい。
[PR]
by nori_bura | 2012-03-04 12:48 |   食・長崎

長崎ランタンフェスティバル・興福寺

興福寺は、風頭山の山麓に寺院が並列する寺町通りにある、我が国最初の黄檗禅宗の唐寺です。ここもランタンフェスティバル会場でした。
山門 (県指定有形文化財)
山門二間三戸八脚の入母屋造単層屋根・総朱丹塗りの豪壮雄大な山門は長崎で第一の大きさを誇る。
d0049152_11354443.jpg
大雄宝殿(本堂) (国重要文化財)
d0049152_1136029.jpg
ほとんどが中国工匠による純粋の中国建築で、資材も中国より運送したもの。
その形式はおおらかな重層切妻造りで、内装、外装ともに中国明清風をとりいれ、柱や梁には、人物、鳥獣、花が彫刻され、とくに、氷裂式組子の丸窓、アーチ型の黄檗天井、大棟上の瓢瓶などは珍しい。
d0049152_172183.jpg


続き
[PR]
by nori_bura | 2012-03-03 15:22 |   長崎ランタンFestival

長崎さるく・亀山社中界隈

d0049152_14484228.jpg亀山社中記念館
(亀山社中の跡)

慶応元(1865)年に龍馬が日本で初めて組織したカンパニー「亀山社中」の拠点があった場所

母屋には10畳・8畳・3畳の部屋と土間があります。
龍馬がもたれかかって座ったと伝えられる10畳座敷の柱など黒褐色の建具は幕末の家屋の雰囲気を忠実に再現しています。
土間の北側には玄関があり、かつてはそこから出入りをしていたようです。
この土間はガラス張りの床ごしに確認することができます。
d0049152_13542677.jpgまた土間と3畳の部屋の上側には中二階がありました。有事の際には大人数人が潜むのに十分な広さです。

古い日本家屋の中に、竜馬の写真や当時の資料、刀などが展示されていて、ボランティアの方が説明をされていました。訪れた著名人のサインなども展示されています。
この日も訪れる人が多く、龍馬ファンの多さを感じました。

近くには龍馬のぶーつ像があり、ブーツを履いて記念撮影できます。

この辺りも傾斜地で、階段を歩きました。
[PR]
by nori_bura | 2012-03-02 14:44 | 旅行・長崎県

長崎さるく・風頭(かざがしら)公園へ

長崎駅より東方3kmに位置し、標高151.9mの風頭山にある公園です。
展望台は2か所あり、長崎港や市街地を一望できます。
前夜に上がった稲佐山は、この正面にある山です。
d0049152_13522941.jpg
d0049152_14102898.jpg↑上の画像の左端、南側の展望台に坂本龍馬之像がありました。


「龍馬の銅像建つうで会」の呼び掛けにより全国から集った募金により、平成元年5月に建立されました。


龍馬像は、長崎港を力強く見つめています。




d0049152_14213973.jpg『竜馬がゆく』文学碑もありました。


地域の歴史を生かしたまちづくりに取り組む「亀山社中ば活かす会」の皆さんが、作家・司馬遼太郎の長崎における足跡の確認と文学顕彰を目的に建立されました。


d0049152_14263051.jpg

文学碑アップ。


アクセス
(長崎バス)
長崎駅~20分
(風頭山行き)風頭山下車、
バス停から徒歩5分。
[PR]
by nori_bura | 2012-03-01 13:49 | 旅行・長崎県